うさぎは冬の方が得意ではあるものの、ペットとして飼われているうさぎ達は、実はそこまで強くはありませんので、うさぎが冬を上手に乗り切る方法について解説していきます。うさぎの飼い主さんは寒い冬が来る前に是非チェックしてくださいね。

スポンサーリンク

うさぎは寒さに強い?

非常に神経質な動物として知られているうさぎ。

ペットとして飼われているうさぎは特に神経質でもあり、また、環境的に整った場所で飼われている事が多いため、ちょっとした温度の変化にも敏感である場合が多いです。

イメージ的にはうさぎは寒さに強いという印象をお持ちでないでしょうか?

確かに、うさぎは真夏の湿気ムンムンの気候よりは、冬の乾燥している気候のほうが得意ではあるものの、先程も触れたように、ペットとしてぬくぬく飼われているうさぎたちは、こうしたイメージ通りという理由には行かないようです。

うさぎが適温と感じる温度は、おおよそ18℃〜25℃くらい。湿度は40%〜60%が理想とされます。

さらに冬の室内では、いくら寒くとも15℃を下回ってくると、うさぎにも不調の変化が見られ始めるでしょう。また、こうした温度は、あくまでも健康なうさぎに限られたもの。日頃から体調が悪いうさぎや、子うさぎ、高齢のうさぎに関しては、15℃もかなり寒い温度に感じるでしょう。

うさぎは「耳」で温度を調整

うさぎは人間のように「汗」をかくことができないので、大きな耳と呼吸で体温を調整しています。

うさぎの体温や状態をはかるには、うさぎの耳にふれてみると、うさぎの体温がわかると思いますが、日頃から飼っているうさぎの耳にふれて、体温を覚えておかなければ、いきなり触れてもピントは来ないでしょう。

また、うさぎは寒くなると体温をこもらせるために体を丸くして、じっと動かないでいます。こうした仕草をしっかりと見極められるようにし、うさぎがどのような状態にあるかを把握できるように、日頃から観察するようにしましょう。

また、温湿計も必須のアイテムとなります。

耳を触る以外にも、温湿計を置いておくことで、正確な外気温を計ることができます。たえず耳に触れて温度管理をするのではなく、こうして温湿計から情報を得て、確認のために耳に触れて温度管理をしてみると良いでしょう。

温湿計は壁などにかけず、しっかりとうさぎ用のケージ内(いたずらしないように注意が必要です)や、ケージ付近に設置するようにしましょう。計測している場所が遠ければ、実際にケージ内・ケージ付近の温度・湿度と誤差が出ることもあります。うさぎの体調が弱っている時であれば、1℃下がっただけでも命に危険が及ぶ可能性が高くなりますので、こうした点にも注意するようにしましょう。

暖かさは上に溜まります

冬にはエアコンの温風やストーブ等で部屋を温めることが出来ますが、暖かい風は上に溜まり、寒さは下に溜まります。いくら部屋を暖めていても、ケージが置いてあるのが下であれば、うさぎは寒い空気にさらされているのです。

部屋の温度を循環させる工夫や、空気の入れ替えもしっかりと行うようにしましょう。ケージ事態を床から離して置くことも必要になるかもしれません。

そして、うさぎは急激な温度変化にも弱い生き物です。これは夏でも冬でも言えることですが、日中に暖かい部屋にしていても、夜には10℃を下回るような生活を繰り返していると、うさぎの体調も次第に弱ってしまいます。

急激な温度変化は危険が伴いますので、できるだけ昼夜の温度変化にも気をつけるようにしましょう。

ペットヒーターはマストアイテム?

うさぎが一度弱ってしまうと回復させるまでに時間を要してしまいますので、体調を崩す前に対処しなければなりません。

特に部屋が乾燥しがちな冬は、「水」の管理が非常に重要です。また、給水器は使用していくと水が思うように出ない、もしくは垂れ流しのような状態になることも。冬が来る前には、しっかりと給水器のチェックも行うようにしましょう。

また、うさぎのケージの中にペット用ヒーターを設置するのも効果的です。地域によりますが、10℃前後まで下がる地域では、ペット用ヒーターを入れてあげた方が安心かもしれません。そして、夜はケージに毛布などの、通気性がよく熱が逃げにくいようなものをかけてあげると、ヒーターから出ている熱で、ケージ内が温まります。

うさぎは人が感じている温度よりも寒く感じている事もあります。

クーラーやストーブなどの温度で部屋が温まっているように感じますが、ずっと低い位置におかれていると、ちょっとした隙間風などで温度は下がっている可能性もあります。特に夜の寝る時には、こういった対策だけでも取るようにし、うさぎを弱らせないようにしましょう。

うさぎは体も小さいため、体調を崩してからは進行も思ったよりも早いです。

体調を崩してしまう前に、温度管理・湿度管理には注意し、寒い真冬を乗り切るようにしましょう!

スポンサーリンク