人間には美味しい食べ物であっても、鳥にとっては猛毒となる食べ物があります。中には、すぐに全身に毒が回り、取り返しのつかない事態になる物もあります。今回は、鳥の体にとって悪いもの・食べさせてはいけないものについてまとめてみました。

スポンサーリンク

鳥が食べてはいけないもの

普段の生活の中でも、人間にとっては嗜好品であったり、おいしい食べ物である食材が、鳥にとっては有害な食べ物になる可能性があります。鳥に関わらず、犬や猫等にも共通して毒となる食べ物もあり、これらを摂取してしまうことで下痢や嘔吐といった中毒症状を引き起こす場合や、肝機能に障害を起こしたりする場合があるのです。

わかりやすいのが、人間は嗜好品とて摂取する「アルコール」です。人間もアルコールを摂取しすぎることで、肝臓に悪影響を及ぼしてしまいますが、鳥にアルコールを与えてしまうと下痢や嘔吐といった症状を引き起こしてしまいます。鳥は体も小さいため、ほんの数滴、また、揮発したアルコールに対しても反応を見せてしまいますので、気をつけましょう。

また、「乳製品」も鳥は消化ができないものです。そのため、下痢・嘔吐を引き起こしてしまうのです。この他、スナック菓子を食べていると、鳥もついばみにきますが、絶対にあげてはいけません。いくら味が薄いものと言えど、人間用に加工された「お菓子」は鳥にとっては塩分が高すぎるため、内臓に障害をきたす場合があります。

このように、普段のお茶の間で登場しそうな食材にも、鳥にとってはたくさんの危険が潜んでいます。居間で遊ばせる場合には、こうした食べ物に注意して、片付けてから遊ばせるようにしましょう。

特に注意が必要な、鳥にとって猛毒となる食べ物

今回紹介する食べ物の中でも、特に注意しなければいけない食べ物があります。だいたいが、一般家庭でも扱うような物も多く、鳥を飼っている方には特に注意が必要となります。また、今回取り上げる食材の中でも、特に注意が必要な食材が以下の食べ物になります。

【チョコレート】
詳しくはチョコレートに含まれる「カカオ」「ココア」といった成分が危険です。また、コーヒーに含まれる「カフェイン」も同様です。これらを摂取してしまうと、嘔吐や下痢といった中毒症状を引き起こし、命を落とす危険もあります。

【ネギ類】
普段、私達の生活環境でも身近な食材である「ニラ」や「たまねぎ」「にんにく」に代表されるネギ類も、鳥にとっては猛毒となります。摂取することで「ネギ中毒」と呼ばれる中毒症状を引き起こし、血液中の赤血球が破壊され、貧血・肝臓病を引き起こし、命の危険にさらされる結果となります。

【アボカド】
数年前からメジャーな食材として扱われるようになったアボカドも、非常に危険な食材となります。アボカドに含まれる「ペルシン」と呼ばれる成分が猛毒となり、摂取してしまうことで痙攣や呼吸困難、肝機能の低下、最悪の場合は命を落とす結果となります。

【モロヘイヤ】
モロヘイヤの種と実に含まれる「ストロファンチジン」という成分が、鳥にとって猛毒となりえます。食べることで中毒症状を引き起こし、最悪の場合、命を落とすこともあります。

鳥に食べさせてはいけない「野菜」について

鳥は緑のものならなんでも良いと思うのは間違いです。緑の野菜であっても、鳥にとっては体に良くない成分を含むものもあり、食べて良い「部位」悪い部位を知ることが大切になります。

注意が必要なのが「ほうれん草」です。ほうれん草に含まれる「シュウ酸」という成分が、鳥のカルシウム吸収を妨げてしまい、肝機能に悪影響を及ぼしてしまうのです。このように、一見あげてしまいそうなほうれん草ですが、実はあげてはいけない野菜だったりもします。

この他、「オクラ」や「トマト」、「キャベツ」「ブロッコリー」も注意しましょう。また、「じゃがいも」は芽と緑の部分、「セロリ」は筋の部分を取ってから鳥にあげましょう。これらも鳥にとって毒素となる部分ですので、しっかりと除去してから、食べさせてください。

部屋の観葉植物にも注意が必要です

何気なく置いている観葉植物にも、注意が必要な場合があります。問題ない植物も多いですが、中には毒素となる植物もありますので、これらの植物が部屋にある場合には、場所を変えるなどして、鳥の手の届かない場所に移動するようにしてください。

【バラ科の植物】
特に種と葉に注意が必要です。摂取することで、痙攣や嘔吐、呼吸困難といった症状を引き起こしてしまいます。

【あさがお】
あさがおの種に含まれる「ファルビチン」という成分が猛毒となります。種を食べてしまうことで、下痢を引き起こし、命を落としてしまう可能性が高いです。

【ポインセチア】
クリスマスシーズンなどにも見かける、ポインセチアも猛毒となります。ポインセチアをついばんでしまうことで、下痢や痙攣を引き起こし、命を落としてしまう可能性が高いです。

【ポトス】
観葉植物でも人気の高いポトスですが、鳥がついばんでしまうと下痢を引き起こしてしまったり、消化器系に異常をきたしてしまう可能性がありますので注意しましょう。

まとめ

このように、意外と身近な所でたくさんの危険な食べ物が存在しているのです。意外と盲点になるのが、最後にご紹介していた観葉植物などです。お菓子やたまねぎなどの食材に関しては、食べないように注意することができますが、観葉植物に関しては、オブジェとして飾っている事も多く、食べ物としての感覚が私たちにはありません。しかし、鳥にとっては食べられるものでもあり、有毒なものでもあるわけです。

今回、ご紹介した物よりも、さらにたくさんの危険なものがあるわけですが、観葉植物でも全く問題のない植物もたくさんあります。神経質になりすぎず、まずは自宅にある「鳥が口にしそうな」ものをチェックし、それが体に悪いかどうかを確認してみましょう。

スポンサーリンク