パスバレーフェレットはたくさんの「ファーム」が存在するフェレットですが、このファームの中のひとつのパスバレーフェレットの特徴はなんといってもカラーバリエーションの豊富さです。このパスバレーフェレットについて、特徴なども交えてご紹介します。

フェレットの「ファーム」ってなに?

フェレットは「ファーム」と呼ばれる、出身地や繁殖場のことを指す犬や猫で言う所の「血統」と「ブリーダー」が一緒になったようなものがあります。

ファームには、「パスバレー」「マーシャル」「ルビーファーム」など色々なファームが存在し、そのファームによってフェレットの大きさや性格・性質といった様々な特徴が違っています。

また、流通されているフェレットは「スーパーフェレット」、「ノーマルフェレット」と分けられている事もありますが、「スーパーフェレット」と呼ばれるフェレットは、乱繁殖を防ぐための「去勢・避妊手術」や、ペットとして飼うために必要とされる「臭腺の除去手術」が済まされた状態のフェレットの事をさしています。

一方、「ノーマルフェレット」と分けられるフェレットはこうした手術が施されていないフェレットの事を指しています。

ただし、国内で販売されているフェレットのその殆どは「スーパーフェレット」にあたるため、特に説明が無ければ施術済のフェレットと考えて問題はないでしょう。また、日本に輸出する際には「ジステンパーの予防接種」も義務付けられています。

購入時にフェレットと一緒に渡される証明書には、「出生証明」「施術済」「予防接種済」がわかるように記載されていますので、パスバレーフェレットを購入する際には確認するようにしましょう。

ファームのひとつ「パスバレー」について

色々なファームがありますが、今回取り上げる「パスバレー」はアメリカ東部のペンシルバニアにあるファームで、1970年にフェレットの繁殖が始まりました。ペットとしてのフェレットを繁殖しているファームの中では最大規模のファームです。国内でも人気の高いファームで、ペットショップなどでも大抵は見かけることができるでしょう。

それぞれのファームによって、フェレットの性格等が違うという事は前述した通りですが、フェレットを選ぶ基準として「価格」といった部分も挙げられます。このパスバレーフェレットが人気の理由のひとつとして、「価格」という部分では他のファームよりも若干安価であることが挙げられます。

パスバレーフェレットの豊富な毛色

パスバレーフェレットが人気の理由に、他のファームよりもカラー(毛色)が豊富だと言うことも挙げられます。フェレットにはたくさんのカラーがあり、フェレットを選ぶ際にすごく悩む部分だと思います。

中にはやや希少なカラーも存在しますが、定番でだいたいみかける事が多いのが「セーブル」と呼ばれるカラーです。

fotolia_31659390_xs-min

この他、

  • バタースコッチ
  • シルバーミット
  • マークドホワイト
  • パンダカラー

といったように、たくさんのカラーがありますので、こういったカラーの選択肢が多いと言うのもパスバレーの人気のひとつです。

黒っぽいカラーから真っ白なカラー、金色っぽいカラーなど、たくさんの綺麗なフェレットがいるので、お気に入りのカラーをぜひ見つけてみて下さいね。

パスバレーフェレットの特徴

パスバレーフェレットの特徴として、比較的「やんちゃ・気性が荒い」フェレットが多いように感じます。ただし、パスバレーに限らず個体差はありますが、子供の時点で「噛み癖」がある子が多い印象を受けます。

もちろん、こうした噛み癖は治すこともできますし、ずっとこのままではありませんので、大人になると人懐っこい温厚なパスバレーフェレットもたくさんいます。

他のファームに比べて体が丈夫なフェレットが多いとも言われています。

先ほどの「噛み癖」という部分でも、「カナディアンフェレット」の方が噛み癖がある子が多いことや、マーシャルフェレットよりも価格もリーズナブルな事が多い事をあげると、パスバレーフェレットは他のファームと比べて、比較的飼いやすいフェレットが揃っているファームと言えますので、初心者の方にも安心して飼うことができるでしょう。

パスバレーフェレットと共に過ごすために

パスバレーフェレットに限らず、子供の頃は噛み癖がある子が多いので、子供時代の躾は重要です。ここで投げ出してしまうと、体が大きくなってからは更に大変になりますので、「保定」は必ず出来るようになりましょう。

飼い始めの頃は正直痛いですが、大人になって昔を思い返すと、痛くも愛しい過去になりますよ!

また、パスバレーを迎え入れた時には手術跡も確認してみましょう。

ペットショップでも確認されていれば教えてくれるはずですが、他ファームに比べ縫合の糸が残っているなんて事も見られます。その際は病院に健康チェックも兼ねて、抜糸をお願いしましょう。

優等生とはいえないかもしれませんが、フェレットらしい部分がたくさんあるパスバレーフェレット。カラーも性格もたくさんいるので、色々なフェレットに触れて、性格を確認した上で迎え入れるようにしてみましょう。

中にはすごく噛み付いてくる子もいると思いますが、それは子供ならではの行動。そんな部分も愛せるような、自分と性格の合う子は必ずいますので、辛抱強く色々な子と触れ合ってみてくださいね。

スポンサーリンク