スーパーでお馴染みの「COOP(コープ)」。もうすでにコープの会員という方も多いのではないでしょうか。そんなコープ組合員の方で、愛猫のペット保険を探しているのであれば、ペット保険最大手のアニコム損保がおすすめです。今回はコープ会員だからこそお得な、ペット保険の入り方について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

コープ会員だからこその割引


すでにコープ会員で、ペット保険に加入している方には残念なお知らせとなりますが、実はコープ会員だからこそお得に加入できるペット保険というものがあります。

そのペット保険も、ペット保険のシェアNo.1を誇る「アニコム損害保険株式会社」のペット保険で、コープ会員としてペット保険に加入すると通常の保険料ではなく、「集団扱契約」と呼ばれる方法で加入することが出来るんです。

そのためにはまず、コープ会員に加入する必要があります。コープ会員になるには、お近くのコープの店舗サービスカウンターまで行って加入手続きを行う必要があります。会員になる際には「出資金」が必要になりますが、都道府県によって出資金額は違うようです。(おおよそ500円〜1,000円とのこと)

出資金とはコープの事業・活動の運営維持に預かっているお金の事で、コープ会員を脱退する際には返金されるシステムです。

アニコム損保について

ペット保険に詳しくない方でも名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。日本国内におけるペット保険の加入を広めたと言っても過言ではないのが、このアニコム損保です。

ペット保険会社の中でも最大手となるアニコム損保。まず、他のペット保険会社との違いとして「損害保険会社」であることが挙げられます。ペット保険にも2種類のタイプがあり、損害保険と「少額短期保険」と呼ばれる保険会社が存在します。

かんたんに説明すると、少額短期保険は近年増加している保険会社の新しい形で、補償金額が低い分、保険料も安く出来るというのが売りとなる保険会社です。反面、万が一保険会社が破綻してしまった場合の保障がないため、ペット保険も解約してしまわなくてはなりません。

損害保険である理由とは

少額短期保険はこうした内容ですが、損害保険会社はその反面、ある程度大きな会社規模でなければ損害保険会社にはなれないため、こうした破綻と言った心配もそうありません。

また、万が一、保険会社が破綻してしまう場合には契約者保護機構と呼ばれる機関が、破綻してしまった保険会社の代わりに保険契約を継続させるため、契約者に不利になることはありません。

また、補償額に関しても少額短期保険のような低い制限がありませんので、充実した補償内容となっています。

現在ではペット保険会社は10数社ありますが、損害保険会社であるのはアニコム損保を含めて4社のみとなっております。保険料の安さも大事ですが、保険会社の安定感を望む方はアニコム損保を始めとした、損害保険会社に加入することをオススメします。

アニコム損保の補償内容


アニコム損保は2つのフルカバー補償のプランと、1種類の手術補償に特化した保険の、計3種類の補償プランがあります。

フルカバー補償となるプランは、補償割合の違う2種類のプランとなり、70%補償の「ふぁみりぃ70%プラン」と、50%補償の「ふぁみりぃ50%プラン」の2種類となります

手術に特化したプランは「ぷち 70%プラン」というプランで、通院補償が付いていない代わりに手術補償が50万円まで、入院は1日14,000円まで補償されるプランとなっており、「ふぁみりぃ」プランよりも保険料がリーズナブルになっています。

「ふぁみりぃ」に関しては、70%プランが通院・入院が14,000円まで、手術補償は140,000円まで。50%プランは通院・入院が1日10,000円まで、手術補償は1回あたり100,000円までの補償となっています。

スポンサードリンク

アニコム損保の保険料

アニコム損保の保険料について見てみましょう。例として、猫の1歳、3歳、5歳、7歳の保険料で見てみましょう。

【ふぁみりぃ 70%プラン】
1歳:月々 3,170円(年払 36,320円)
3歳:月々 3,230円(年払 35,200円)
5歳:月々 3,460円(年払 37,710円)
7歳:月々 3,860円(年払 42,130円)

【ふぁみりぃ 50%プラン】
1歳:月々 2,380円(年払 25,970円)
3歳:月々 2,420円(年払 26,410円)
5歳:月々 2,590円(年払 28,210円)
7歳:月々 2,870円(年払 31,360円)

【ぷち 70%プラン】
1歳:月々 1,040円(年払 11,360円)
3歳:月々 1,060円(年払 11,560円)
5歳:月々 1,140円(年払 12,390円)
7歳:月々 1,270円(年払 13,840円)

「ふぁみりぃ」はフルカバー補償、「ぷち」は手術のみの補償となりますので、保険料にも大きな差があります。

コープ会員は10%割安料金で加入できる

コープ会員ですとアニコム損保のペット保険にお得に保険加入することができますが、前述でも説明した「集団扱」とはどのような制度なのでしょうか。

この集団扱とは、コープが保険料の集金を行う代わりに、保険料が安くなっていると考えたほうが簡単かもしれません。コープ会員になれば「組合員」という形になりますので、組合員=集団扱いとなるわけです。

そのため、保険料は上記の金額から月々で10%割安な保険料で加入することができ、年払ですと3%割安の料金で加入することができます。

月々10%OFFとなるのはかなり大きいです。例えば、ふぁみりぃ70%プランで5歳の場合ですと3,114円、年間にすると4,152円もの節約になるのです。

プロ目線からみたアニコム損保


猫の場合、特に多く考えられる病気には「尿路結石」や「毛球症」が考えられます。これらの病気は重症であれば手術が必要になりますが、その殆どが通院による治療となります。

そのため、猫にとって手術補償は特に重視すべき内容ではなく、通院補償の内容を重視したほうが良いと考えられます。もちろん手術補償も大事ですが、「ぷち」のプランのように手術のみでは、通院による補償が受けられないので、猫にとってはあまりメリットが感じられないでしょう。

そのため、猫がアニコム損保の保険を選ぶのであれば「ふぁみりぃ」のいずれかのプランがおすすめと言えます。ふぁみりぃであれば、通院補償に加えて手術補償も付いているので、トータルで補償することが出来ます。

これから愛猫のペット保険に入ろうか迷っている方、すでにペット保険に加入していて、切り替えようか迷っている方で、コープ会員である場合には一度チェックしておいたほうが良いかと思います。

また、気をつけたいのが新規加入年齢が7歳までという点です。加入さえしていれば終身まで保険加入することが出来ますが、7歳を超えてしまうと新規加入することが出来ませんので注意が必要です。

まとめ

コープ会員であるだけで、意外な特典が受けられる事がわかりましたね。アニコム損保に関してはペット保険会社の中でも、最も安定しており、サービス面に関しても一番良質であると言えます。

中でも保険請求が窓口精算で済ませられたり、LINEで請求することができるなど、常に新しいサービス内容に取り組んでいっています。また、ちょっとした相談であればしつけ相談や健康相談を、専門のカウンセラーに相談できるサービスもありますので、困ったときにも便利なサービスとなっています。

猫の保険に関しては各社、保険料も比較的リーズナブルになっていますが、大切なのは内容です。免責など、アニコムには無いデメリットがある保険会社もありますので、十分に検討してみましょう。そのなかでもアニコムはオススメのペット保険ですので、コープ会員の方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク