ドッグフード「ナチュラルバランス」はアレルギーを起こしてしまう愛犬のために作られたものです。その製品のラインナップの多さには必見の価値があります。今回は、ナチュラルバランスのドッグフードをお勧めする理由について解説していきましょう。

スポンサーリンク

アレルギーを起こしにくい食材を使用したナチュラルバランス

今や、約40%の犬が食べ物によるアレルギーを起こしてしまうと言われているこのご時世、3頭いれば1頭か2頭はアレルギー持ちの子がいるのかもしれません。そんな中、アレルギーに対応しているドッグフードは沢山あると思いますが、ナチュラルバランスほど、アレルギーに対応したタンパク源の異なるドッグフードを、数多く取り揃えているところはないのではないでしょうか。

アレルギーを起こしてしまうと言っても、どの食べ物で反応してしまうかは、その子によっても様々ですが、アレルゲンで一般的に多いのは、鶏肉や牛肉、ラム肉などの肉類、米や小麦、トウモロコシなどの穀物類、卵や乳製品の他に、野菜などでもアレルギーを起こすことがあります。

ナチュラルバランスのドッグフードは、アレルギーを起こしてしまいがちな食材を避けて、低アレルゲンの食材を使用しています。例えば、動物性タンパク質を摂取するために、「ベニソン」や「バイソン」、「ダック」や「フィッシュ」などを使用していたり、炭水化物に関しては、米やトウモロコシなどは使用せず、「ポテト」や「スウィートポテト」を使用しています。

また、動物性タンパク質となる肉や魚などが一切含まれていないベジタリアンのドッグフードもあり、アレルギー対応だけでなく、肝機能が弱ってしまい、高タンパクのドッグフードが食べられないような子にもお勧めです。

愛犬によって、アレルギーの原因となる食材はそれぞれ違うと思いますが、これだけの種類のドッグフードがあれば、愛犬に合ったドッグフードがきっと見つかると言っても過言ではないでしょう。

ナチュラルバランスのこだわりとは

ナチュラルバランスで使用されている原材料は、フードだけでなく、スナックやサプリメントまで、「FSIS(米国肉類検査サービス)」や「USDA(米国農務省)」により承認された質の良い食材のみを使用しています。また、安全性を重視して、遺伝子組み換え作物は一切使用していません。

その他に、フードやスナック、サプリメントは、「BHA」や「BHT」、「エトキシキン」など、内臓に負担をかけるような人工添加物は一切使用せず、天然由来成分である「天然混合トコフェロール」や「クエン酸」、「ローズマリーエキス」が酸化防止剤として使用されています。

ナチュラルバランスのパッケージは、日本への輸送時の安全面や、日本の気候や流通などを考慮して、ガスバリア性が高く、酸化防止効果のある最新素材のパッケージを使用し、作りたての新鮮さを保っています。

ナチュラルバランスのドッグフードには、キャノーラオイルやサーモンオイル、亜麻仁が含まれていますが、それによって、オメガ3やオメガ6がバランス良く摂取できるようになっています。オメガ3やオメガ6は、皮膚の疾患や乾燥、細胞の活性化にも効果的で、さらには、美しい被毛を保つのに役立ちます。また、サーモンオイルは、DHAが豊富に含まれていますので、記憶や学習能力を高め、脳の老化を防ぐ働きがあります。

スポンサードリンク

アレルギーを考慮したナチュラルバランス製品のラインナップ

「スウィートポテト&バイソンフォーミュラ」は、高タンパク・低脂肪でヘルシーなバイソンを使用しています。バイソンの鉄分の多さはビーフの3倍にもなり、疲労回復や夏バテにも効果がある食材です。

また、「スウィートポテト&ベニソンフォーミュラ」は、タンパク質や鉄分、リンや亜鉛が豊富で、ビーフやチキンより低カロリーなベニソンが使用されています。

「ポテト&ダックフォーミュラ」は、不飽和脂肪酸やビタミンB1やB2が豊富に含まれるダックを使用しています。「ポテト&フィッシュフォーミュラ」は、タンパク質やビタミンだけでなく、ガンの予防効果もあるアスタキサンチンが含まれたサーモンが使用されています。

「ベジタリアンフォーミュラ」は、動物性肉類や魚類、乳製品にアレルギーを起こしてしまう子や、肝機能が弱って動物性タンパク質の摂取を控えたい子にもお勧めのドッグフードです。太っちょさんのワンちゃんには、「リデュースカロリードッグフード」がお勧めです。このフードに変えてから、減量に成功した子も多いようです。そして全犬種・全年齢に対応したフードが、「オリジナルウルトラ ホールボディヘルス」です。愛犬の健康維持に役立ちます。

避けられがちな「●●ミール」が使用されていますが

ナチュラルバランスには、「●●ミール」が使用されています。この「ミール」は、愛犬家たちの間では避けられがちな原材料です。例えば「チキンミール」と表示されていると、鶏肉だけでなく、内臓やトサカ、羽や爪などを混ぜ合わせて、粉々にされたものが使用されていることがあります。また、それだけでなく、人間が決して口にしないような、病死した家畜や、死にかけの家畜の肉が使用されることもあるからです。

しかし、ナチュラルバランスのドッグフードは、「FSIS」や「USDA」によって承認された良質な原材料を使用していますので、安心して愛犬に与えることができるでしょう。

さいごに

筆者自身の愛犬も長年アレルギーに苦しまされていましたが、ナチュラルバランスのドッグフードに変えてから皮膚の調子や毛艶も良くなりました。また、子犬・老犬でも食べやすい平べったいペレット状の粒だったので、噛みやすく、割れやすい硬さで作られていたせいか、飽きずに食べてくれました。

「うちの子にはアレルギーがない」と安心している飼い主さんもいるでしょう。しかし、今は愛犬にアレルギーのような症状がなくても、今後もアレルギーが出ないとは言い切れないのです。と言うのも、同じタンパク源を食べ続けることによって、その食材に対してアレルギー反応が起こりやすくなるということがあります。そのため、アレルギーを回避するためには、1種類のドッグフードを与え続けるのではなく、3種類くらいのドッグフードをローテーションで与えるのが良いでしょう。

※内容は2017年3月時点での情報になります。原材料、商品名等の内容は変更している場合があります。

スポンサーリンク