モルモットの毛色や毛質は多くの種類があり、毛色や毛質の違いによっても多種多様なモルモットが存在しますが、人気の毛色や毛質などがあるのでしょうか?モルモットにはブチ、ダルメシアン、ヒマラヤン、ローン、ハーレクイン、アグーチ、ダッチなどのカラーがありますので是非チェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

モルモットの毛色について

たくさんの種類が存在するモルモット。

ペットショップでは「イングリッシュモルモット」や「アビシニアンモルモット」と呼ばれる種類が比較的多く見られますが、これらの種類はそれぞれに「毛質」と「毛色」の違いによる品種が多く存在しているんです。

モルモットの毛色には単色の「セルフ」、2色以上の「ノンセルフ」があり、ノンセルフの色の組み合わせも様々です。

日本のペットショップで見かけるモルモットは、

のいずれかのノンセルフが多く見られます。

fotolia_128015355_xs-min

中には4色の個体もいますが、非常に珍しいでしょう。

代表的な毛色(ノンセルフ)の名前

このようにして様々な毛色が存在しているわけですが、ノンセルフの組み合わせによる、それぞれの色の呼称も存在しています。

世界にはまだまだたくさんの種類があり、毛色や毛質の組み合わせによっては100種類以上とも言われる種類が存在していると言われますが、ここでは代表的なカラーを紹介してみたいと思います。

【ブチ】

毛色は白が基本色で、斑模様が入っている。

【ダルメシアン】

毛色は白が基本色で、黒または茶色の斑模様が入っている。

【ヒマラヤン】

毛色は白が基本色で、耳・鼻・手足に黒または茶色が入っている。目の色は赤い。

【ローン】

頭の濃い色からお尻にかけてグラデーションになっている。お尻側にかけて色は薄くなります。

【ハーレクイン】

白と濃い色が縞模様に入っている。

【アグーチ】

毛色は複数で、まだらに模様が入っている。

【ダッチ】

毛色は2色で、うち一色が白、目の周り・足回り・背中に色が入っている。

モルモットのカラーにはこうした呼び名で呼ばれるカラーがあり、これらに属さないカラーには、2色模様であれば「二毛」、3色模様であれば「三毛」と呼ばれることもあります。

これらのカラーに加え、毛質の違いで様々な品種のモルモットが存在しているのです。では、簡単にモルモットの毛質と特徴について見てみましょう。

短毛が特徴の「イングリッシュ・モルモット」

ペットショップでも恐らく一番多く見かける種類が、この「イングリッシュ・モルモット」ではないでしょうか。

モルモットの中でも、一番人気のあるイングリッシュ・モルモットの特徴は、「直毛の短毛」であることです。また、ショップによっては「ショート・モルモット」と呼ばれていることもあります。

毛色のカラーバリエーションも豊富で、様々なカラーが存在するということも魅力の一つでもあるでしょう。

また、イングリッシュ・モルモットは短毛が特徴となりますが、毛質は柔らかく、「ノーマルタイプ」と光沢のある毛質をした「サテンタイプ」の2品種に分類されます。

体の巻き毛が特徴の「アビシニアン・モルモット」

巻き毛モルモットの愛称を持つ「アビシニアン」。毛質は少し硬めで、「ロゼット」と呼ばれるつむじがあるのが特徴です。

イングリッシュモルモットよりも少し毛が長く、くるくると巻き毛の毛が、かわいくも面白い容姿をしたモルモットです。ペットショップなどでも見かける事も多く、何も知らない人が見たら、寝癖のようにも見えるかもしれませんね。

体にあるロゼットは10個以上もあり、このロゼットがくるくるの巻き毛に見えています。モルモットの品評会などでは、このロゼット多くあり、巻き毛も多く、左右対称であればなお良いとされているようです。

とても個性的な容姿で、非常に人気の高い品種でもあります。

頭のつむじが特徴のクレステッド・モルモット

アビシニアン・モルモットが体に10箇所以上のロゼットを持つのに対し、このクレステッド・モルモットは頭に1箇所だけロゼットを持つモルモットで、冠毛を「クレスト」と呼ぶことからその名がつけられました。

毛質は短めの直毛ですが、頭部のロゼットの部分だけ少し長めです。

また、クレステッド・モルモットは体毛とロゼット部分の毛色の違いで「イングリッシュ・クレステッド」と「アメリカン・クレステッド」の2種に分けられます。両方が同色である場合にはイングリッシュ・クレステッド、異なる毛色を持っていればアメリカン・クレステッドと呼ばれます。

モルモットのたくさんの毛色や毛質がある!【人気はどの色?】のまとめ

代表的な種類を紹介していきましたが、こうした種類に加えて毛色の違いが加わることで、色々な種類のモルモットに分類されるのです。また、品種によっては毛色の多い品種、少ない品種にも分けられます。

モルモットの代表格でもあるイングリッシュ・モルモットは、中でも毛色の多い品種で、様々なカラーを楽しめることも人気の一因といえるでしょう。

ぜひ、様々な毛色のモルモットを見て、お気に入りのカラーを持つモルモットを探してみてはいかがでしょうか?色々なカラーが存在するので、非常に奥の深い楽しみができますよ。

スポンサーリンク