動物性タンパク源を豊富に使用した「モグワン」に対し、穀物を使用した小麦グルテンフリーのドッグフード「ボッシュ」はどちらが優れたドッグフードなのでしょうか。

そこで今回は「モグワンドッグフード」と「ボッシュ」の成分値や品質内容を徹底比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

モグワン ドッグフードの特徴について

「モグワン」は、ドッグフードの「カナガン」を販売している会社がイギリスのドッグフード工場と共に開発したドッグフードで、食いつきの良さと高品質を追求したドッグフードとなっています。

また、モグワンは動物性タンパク源を50%以上含むドッグフードで、犬にとってかかせないタンパク質を多く摂取できるドッグフードでもあります。犬は本来、雑食性の肉食動物ですので、動物性タンパク源は犬にとって欠かせないものです。

安価なドッグフードでは穀物類が主原料になっていたり、動物性タンパク源よりも穀物類の含有量が多かったりもしますが、モグワンは動物性タンパク源を多く含み、穀物類を一切使用しないグレインフリーのドッグフードです。

穀物類は犬にとって消化のしにくい食材ですので、消化不良を引き起こしたり、アレルギーを引き起こすこともありますので、穀物の含有量が多いドッグフードはできるだけ避けたいところなのです。

モグワンの原材料


モグワンの原材料を見てみましょう。主原料には「チキン生肉」が20%使用され、次いで「生サーモン」が11%と、生の原材料が豊富に使用されています。乾燥した動物性タンパク源ではなく、生の原材料は新鮮さや栄養価も高いので、できる限り生の原材料が使われていることが理想的です。

【モグワン ドッグフード 原材料】
チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、りんご、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌

「バナナ」や「りんご」などの果物類、「さつまいも」や「アスパラガス」などの野菜類、「カモミール」や「マリーゴールド」などのハーブ類も豊富に含まれていることがわかります。

前述の通り、モグワンはグレインフリーのドッグフードですので消化のしにくい穀物類は一切使用しておらず、犬も消化のしやすいドッグフードと言えます。原材料も動物性タンパク源が豊富ですので、食いつきの良さにも期待の持てる内容です。

ボッシュの特徴について

「ボッシュ(bosch)」はドイツ原産のペットフードメーカーで、高品質を特徴としたドッグフードのラインナップが揃います。ボッシュのドッグフードは自社工場で生産されており、原材料に使われる肉や野菜などはボッシュの独占農場で育てられた高品質な原材料が使われています。

また、安価なドッグフードにも多く使われている合成添加物などは一切使用せずに作られています。着色料や保存料、酸化防止剤に合成添加物が使われる場合が多いのですが、合成添加物は犬の健康を害するリスクが有ることを指摘されています。

特に発がん性の危険があったり、アレルギーを引き起こす可能性も指摘されていますので、近年ではこうした合成添加物を使用していないドッグフードも多くなってきました。代わりに自然由来の酸化防止剤(ビタミンE・トコフェロールなど)が利用されるのが一般的になりつつあります。

ボッシュも当然ながらこうした合成添加物は使用しておらず、愛犬にも安心して与えられるドッグフードとなっています。

スポンサードリンク

ボッシュの原材料


今回はモグワンとの比較としてボッシュの「ハイプレミアム ミニアダルト チキン&チキン&キビ」を取り上げてみたいと思います。

ボッシュの主原料となっているのが「鶏肉」で20%以上が配合されています。この他、「動物性脂肪(鶏)」「卵(乾燥)」「加水分解肉(鶏肉)」「魚粉(サケ・イワシ・アカウオ・ニシン)」「肉粉(鶏肉・豚肉)」「魚油」が動物性タンパク源として配合されています。

【ボッシュ ハイプレミアム ミニアダルト チキン&キビ 原材料】
鶏肉(20%以上)・キビ(17%以上)・コーン・鶏肉粉・ライス・動物性脂肪(鶏)・ビートパルプ(カブ繊維)・卵(乾燥)・加水分解肉(鶏肉)・亜麻仁・魚粉(サケ・イワシ・アカウオ・ニシン)・肉粉(鶏肉・豚肉)・酵母(乾燥)・魚油・エンドウ豆・ナチュラルザルツ・貝粉(0.1%以上)・塩化カリウム

モグワンとボッシュの決定的な違いとなるのが、ボッシュが穀物を多く使用しているという点です。ボッシュに配合されている「キビ」は、穀物アレルギーを引き起こす要因と考えられている「小麦グルテン」を含まない穀物です。ですので、グルテンに対してアレルギーを持つ犬以外は与えることが出来ます。

ただし、「コーン」や「ライス」といった穀物類も含みますので、穀物アレルギーの原因が小麦グルテンかどうか定かではない場合には、念の為避けたほうがよさそうです。

モグワンとボッシュの成分を比較

モグワンとボッシュの成分を比較してみましょう。モグワンのタンパク質は28%、ボッシュは25%と平均的なタンパク質の量となっています。

脂質に関してはモグワンが12%、ボッシュが14%。カロリーに関してはモグワンが344Kcal/100gなのに対し、ボッシュは高カロリーな389Kcal/100gとなっています。

【モグワン 成分】
粗タンパク質:28%、脂質:12%、粗灰分:8%、粗繊維:3%、水分:8%、オメガ6脂肪酸:1.63%、オメガ3脂肪酸:1.29%、エネルギー(100gあたり)/約344kcal

【ボッシュ ハイプレミアム ミニアダルト チキン&キビ 成分】
粗タンパク質:25%、脂質:14%、粗灰分:6.5%、粗繊維:2.5%、水分:10%、エネルギー(100gあたり)/約389kcal

モグワンに関しては当たり障りのない成分値ですが、ややタンパク質は高めですので、高齢犬に与える際には少し注意が必要となります。
対してボッシュは高カロリーなドッグフードになりますので、肥満傾向な犬には不向きかもしれません。

ボッシュに含まれる「キビ」には、脂肪燃焼効果のあるビタミンB群が豊富に含まれてはいますが、運動量もなければなりません。肥満傾向で運動量の少ない犬にはあまりおすすめとは言えませんね。

プロ目線から見たフードの比較


モグワンとボッシュを比較する際にポイントとなるのが、フードのラインナップに関してです。ボッシュは子犬用から高齢犬用までが揃っていますので、年齢に応じてドッグフードを切り替えることが出来ますが、モグワンはオールステージ対応(全年齢対応)のドッグフードですので、年齢ではなく愛犬の体重や状態によって給餌量を変える必要があります。

犬の体重が500g違っていても、人間に置き換えて考えると約10倍近い5kgの変化とも考えられます。そのため、犬の体重管理はこまめに行なっていなければなりません。

また、前述の通り高齢犬にとって高タンパクなドッグフードは、腎臓や体への負担が心配な部分でもあります。日頃からしっかりと愛犬の体調管理もしていなければなりません。

オールステージ対応のドッグフードは、途中でドッグフードを切り替える必要がない分、日頃からの健康管理・体重管理が出来ていなければなりません。細かい部分にも気がつけるよう、しっかりと愛犬の管理をする必要があるのです。

まとめ

モグワンとボッシュを比較してきましたが、全体的な内容からモグワンの方が成犬にはおすすめのドッグフードと言えるでしょう。

近年は穀物アレルギーを持つ犬も多く、グレインフリーのドッグフードが多く登場してきています。また、動物性タンパク源を多く使用したドッグフードもたくさん登場してきている事から、最近では穀物を使用せずに動物性タンパク源を豊富に使用したドッグフードが主流となってきている様子があります。

モグワンはまさにこうした内容のドッグフードであり、より犬が必要としている栄養素、消化のしやすい動物性タンパク源を多く使用、ヒューマングレードでグレインフリーを特徴としているドッグフードです。

特に活発な成犬におすすめのドッグフードではありますが、穀物アレルギーを持つ犬にもおすすめのドッグフードですので、ぜひ一度試してみる価値はあるでしょう。

スポンサーリンク