日頃、愛猫に与えているキャットフードは、愛猫に合ったフードでしょうか。原材料表記を確認して人工添加物が使用されてたら、あまりおすすめできるキャットフードとは言えないかもしれません。今回は、そんな添加物を使用しないモグニャンキャットフードについて調べてみました。

スポンサーリンク

モグニャンキャットフードの原材料は?

モグニャンキャットフードの主原料は「白身魚」。原材料の63%が白身魚で構成されており、主とした動物性蛋白質に関してはこの「白身魚」のみとなります。チキンアレルギー等、他の肉類にアレルギーを持っている場合には、モグニャンキャットフードは与えやすいキャットフードとなりそうです。

近年では食物アレルギーを持つ猫も多くなってきているため、原料がフィッシュのみとなっているモグニャンキャットフードは基調な製品と言えます。また、63%という配合量も特徴的で、猫が本来必要とする動物性蛋白質をしっかりと摂取することが可能となっています。

【モグニャンキャットフード 原材料】
白身魚、さつまいも、えんどう豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛ー水和物、硫酸マンガンー水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ

穀物アレルギーにも配慮


モグニャンキャットフードの主原料は白身魚の63%と言うことがわかりましたが、その他の原材料には穀物不使用に配慮した構成となっています。近年ではこうした、グレインフリーのキャットフードも多くなってきました。それだけ、穀物に対して食物アレルギーを持つ猫が増えているということなのです。

また、穀物が多いフードは、腹持ちはいいものの、消化しにくいというデメリットも指摘されます。猫は本来、完全な肉食の動物。穀物は必要としていないのです。そのため、消化不良に陥ったり、便通が悪くなる場合もあるのです。
モグニャンキャットフードはグレインフリー(穀物不使用)なので、こうした心配もなく、穀物アレルギーを持つ猫でも安心して与えることが出来ます。

モグニャンキャットフードは、子猫からシニアまで食べられる


キャットフードを選ぶ時には、ステージ別(年齢別)に分かれたキャットフードから、愛猫に合ったステージのキャットフードを購入するのが当たり前になっていますよね。猫にもそれぞれ年齢に別れた、必要とする栄養素がありますので、子猫が必要な栄養、シニア猫が必要な栄養と、それぞれ違って当たり前のものです。

モグニャンキャットフードに関しては、こうしたステージは設けておらず、子猫からシニア猫まで一貫して食べることができる内容になっているため、オールステージ対応のキャットフードとなっています。

モグニャンキャットフード以外にもオールステージ対応のキャットフードはありますが、コスト的にも安く抑えられ、猫が必要とする栄養素も摂取することができますので、オールステージに対応したキャットフードを選ぶ方も多いようです。

変わりつつあるキャットフードの常識

ここ数年で、徐々にキャットフードに対する認識も大きく変わりつつあります。その一つが、添加物の存在です。添加物は人間の食品でも使用されますが、キャットフードにも使用されるものです。中でも代表的な添加物が保存料です。

保存料は、フードの賞味期限を遅らせるために使用される添加物ですが、近年では猫の体に害を及ぼすとして、人工添加物の使用を避け、自然由来の保存料としてビタミンEを使用するのが常識になりつつあります。

もちろん、モグニャンキャットフードに関しても人工添加物の使用を避け、保存料にはビタミンEが使用されています。また、味付けのための調味料や、色付けを行うための着色料と言った添加物の使用も行なっておりません。

モグニャンキャットフードの成分について


モグニャンキャットフードの成分に関しては、「粗たんぱく質」30%、「脂質」16%、「粗繊維」3%、「粗灰分」6%、「水分」7%、「オメガ6」2.95%、「オメガ3」2.08%という内容。「エネルギー」は、100gあたり約374kcalです。

猫なら気を付けなければいけないマグネシウム量ですが、残念ながらホームページでは記載がありませんでした。別サイトでは、モグニャンキャットフードのマグネシウム量が0.12%という情報がありましたが、他のフードと比較するとやや高めな印象。尿結石を患っている、患ったことがある猫にはあまりおすすめできないかもしれません。

原材料にはクランベリーが配合されており、尿路結石などにも配慮されてはいますが、マグネシウム量の多さがやや気になるところ。AAFCOの基準値では0.04%(成猫時)が適正とされていますので、低マグネシウムフードを探している場合には、ちょっとマッチはしなさそうです。

モグニャンキャットフードの口コミ紹介

気になるモグニャンキャットフードの口コミを見てみましょう。大手ネットショッピングサイトでの口コミを確認したところ、愛猫に合う合わないのジャッジは別れるところ。元々、猫はフードの切り替えが難しい事や、なかなか合うフードを探すのが難しいと言うのもありますので、すぐに切り替えられるというわけではないようです。

全く食べてくれなかったというコメントも目立ちますが、しっかりと食べてくれましたというコメントも。猫はグルメなのでなかなか難しいところですが、トッピングとして与えているという方や、他のフードと混ぜて与えているというコメントもあります。

実際のところ、与えてみなければわからないというのが本音なところ。試供品などを与えてみても、思うようには食べてくれなかったり、始めだけ食べて、実際買ってみたら食べてくれなくなったと言う場合もありますので、まずは一袋をお試しのつもりで与えてみたほうが良いでしょう。

プロ目線から見たモグニャンキャットフード

モグニャンキャットフードの良い所は、動物性蛋白質をしっかりと摂取できるという点です。63%の白身魚は、フィッシュフレーバーが好きな猫であれば大好物になる可能性も高いかもしれません。

前述の通り、猫はグルメな子が多く、特にドライフードとなるとより選択が難しくなるところ。せっかく食べ始めたキャットフードも、他のフードを混ぜると食べなくなるなんてことも珍しくはありません。

今現在与えているキャットフードが、BHAなどの添加物を含むキャットフードである場合、愛猫の健康被害を考慮して、モグニャンキャットフードに切り替えてみるというのも良いかもしれませんよ。添加物を使用していないキャットフードは、比較的安価な価格である場合が多いので、注意が必要です。

モグニャンキャットフードのまとめ

モグニャンキャットフードの内容について解説していきました。いかがでしたでしょうか。モグニャンキャットフードの特筆すべき点は、動物性蛋白質がしっかりと摂取できるキャットフードである点と、人工添加物を使用せずに作られたキャットフードであるという点です。

現在、愛猫に与えているキャットフードの原材料表記をしっかりと確認してみましょう。着色料、香料、保存料、酸化防止剤。これらの多くは人工添加物が使用されたものです。添加物による健康被害は、アレルギーを引き起こしたり、癌を誘発するということが指摘されています。

万が一、こうした添加物が使用されていれば、モグニャンキャットフードを試してみてはいかがでしょうか。与えてみなければわからないところですが、人工添加物をたくさん使用しているキャットフードを与えているのであれば、すぐにフードを飼えることをオススメしたいと思います。

スポンサーリンク