自宅でインコが、飼い主さんの食べ物を狙ったりして、飼い主さんも負けて与えたりしていないでしょうか。中には体に悪いものもありますので、しっかりと食べて良いもの・必要なものを理解して、インコに与えるようにしましょう。

スポンサーリンク

バードフードとバランスの取れた食事

市販で販売されているバードフード。様々な種子を混ぜ合わせたもので、インコにとってバランスの良い栄養を摂ることの出来る配合がされていて、バードフードと塩土や野菜をあげるだけでも、インコは健康的な生活を送ることが出来ます。

インコもだんだんと懐いてくると、自分のご飯だけでなく、人間・飼い主さんの食べているものに興味を持ち始めますよね?そこで、これって食べさせても大丈夫なの?と疑問に思うことも多いかと思います。では、実際にインコに与えて良いもの・必要な栄養素について見てみましょう。

インコに与えて良い野菜について

インコに与えて良い野菜と言えば、「小松菜」が連想されるかもしれませんね。小松菜はカルシウムや鉄分、ビタミンCなども含む、栄養に優れた野菜です。小松菜は、科目としては「アブラナ科」と呼ばれる科目の野菜で、他にも「チンゲン菜」「水菜」「白菜」などが挙げられます。

【アブラナ科の野菜】
・小松菜
・チンゲン菜
・水菜
・白菜
・大根菜
・ブロッコリー など。

この他にも食べられる野菜はたくさんあります。とても栄養価の高い野菜には「カボチャ」が挙げられます。カボチャは、免疫力を高める効果が期待できるほか、老化防止にも一役買う野菜です。「人参」や「ピーマン」も食べることができ、また、ビタミンも多く含まれ、がん予防にも効果が期待できるようです。

また、「唐辛子」もおやつとして売られているのを見たことが無いでしょうか。唐辛子は、ビタミンA、ビタミンCを含む野菜で、唐辛子に含まれる成分「カプサイシン」は、抗炎症作用や体を暖める効果があるので、少し体の弱いインコにもよいかもしれません。

インコに与えて良い果物について

飼い主が食べていると、自分も食べたいと言って近づいてくるものの中に、果物が多いのではないでしょうか。果物も、与える量に気をつければ、ビタミンも食物繊維も豊富なものがおおいので、少量ならば体にも良いものです。

「みかん」「オレンジ」もビタミンCが多く含まれ、体に良いものです。また、「リンゴ」はあげたことがある方も多いのではないでしょうか。リンゴはも食物繊維が豊富で体に良いものですが、種や葉の部分はNGです。インコにとっては有毒なものであるので、与えるなら実の部分にしましょう。同じく、「イチゴ」も種さえ取り除けば、ビタミンCの豊富な果物です。

この他、「バナナ」は炭水化物、カルシウム、カリウム、タンパク質も豊富な栄養満点な果物です。

スポンサードリンク

インコに与えても良いハーブについて

最近ではハーブの配合されたおやつなども見かけるようになりました。人間にとってもハーブは体に良いもので、体だけでなく精神的にも良い匂いがするハーブもたくさんありますね。鳥用のおやつやバードフードでもお馴染みのハーブもいくつかありますので、ご紹介していきたいと思います。

鳥用品で見かけることの多い物では、「タンポポ」「クローバー」「オオバコ」「パセリ」「ナズナ」辺りでしょうか。それぞれに豊富なビタミンが含まれており、タンポポは消化器系の働きを促進、クローバーはマグネシウムが豊富で血液の循環を高める作用、オオバコは消化器系や泌尿器系の改善や予防に、パセリは抗菌作用に優れ、炎症などの緩和に、ナズナは胃腸や下痢にたいして効果があるなど、それぞれに優れた効果・効能が期待できるものばかりです。

この他にも、人間と同じくリラックス効果に期待ができる「ラベンダー」や「カモミール」、免疫力の向上には「ユーカリ」、抗炎症・抗がん作用に期待ができる「アルファルファ」、消化を助け胃腸に効果が期待できる「ミント」なども。

サプリメント変わりに少量ずつ与えても、体に良い効果をもたらすハーブ類は、ぜひとも取り入れていきたい食べ物でもありますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。これまでに与えたことがあるもの・ないもの、それぞれあったと思いますが、与え方さえ間違わなければ、インコの体にとっても良いものです。全体的に気を付ける点を挙げれば、これらの食べ物は水分量が多いということです。

水分量が多いと、インコの糞も水っぽく、また下痢の症状が現れます。これは、水分量が多く、消化が追いつかないために起きてしまうもので、こうした野菜や果物を与える際には、与える量に気を付けるようにしましょう。はじめは2〜3口ずつ、糞の状態を見ながら適正な量を判断するようにしましょう。

市販で販売されているものの多くは、ドライタイプというのも、こういった点に配慮したものです。みずみずしくて美味しいのもわかりますが、与えすぎ・食べ過ぎないように注意して、健康的な生活を送れるようにしましょう。

スポンサーリンク