「K9ナチュラル」のドッグフードは、原材料の90%が良質な生肉だけでなく、内臓や血に至るまで食材として無駄なく使用されているため、犬にとって必要な動物性タンパク質を豊富に摂取することができます。今回は、K9ナチュラルについて調べてみました。

スポンサーリンク

食の安全性に優れたニュージーランド原産の食材

「K9ナチュラル」で使用される肉類は、ニュージーランドの自然豊かな広大な大地で放牧されて育てられた、健康な家畜や家禽を用いています。厳しい防疫管理と法規制で守られたニュージーランド国内の家畜では、今まで疫病が見つかっていないことでも知られています。また、K9ナチュラルで使用される家畜や家禽には、成長ホルモンや抗生物質、サプリメントなどは一切含まれておりません。

数年前にも日本で話題に上がっていた「BSE(狂牛病)」ですが、ニュージーランドでの発生は確認されておらず、ビーフを始めとした食肉の安全性は、世界でもトップクラスで知られています。K9ナチュラルのドッグフードに使用されている肉類も、全て100%ニュージーランド産のものを使用していますので、安心して愛犬に与えられるドッグフードと言えるでしょう。

また、K9ナチュラルの原材料は肉類だけでなく、野菜や果物もニュージーランド産の食材を使用しています。ニュージーランド産の農産物は、政府による管理基準が厳格なことで知られており、その信頼性は食肉同様に世界的に評価されています。K9ナチュラルで使用される野菜や果物は全て、人間が食べられる新鮮な農産物を使用しています。

最高品質の肉を使用

K9ナチュラルで使用されている肉類に関しては、私たち人間が食べることができる「ヒューマングレード」の肉を使用しています。このような上質な生肉だけでなく、心臓やレバー、腎臓やグリーントライプ、鉄分やミネラル豊富な新鮮な血液、カルシウムとなる骨までも全て含み、そのペットフードに含まれている含有量は、なんとドッグフードで90%以上、キャットフードでは99%以上にもなるようです。動物を丸ごと食べ尽くすことができるなんて、最高の贅沢ではないでしょうか。

ここで記述した「グリーントライプ」という原材料についてですが、最近の高品質なドッグフードには使用されることが増えてきています。「トライプ」とは、牛や鹿、羊などの草食動物の「第四胃」のことで、加工されていないトライプのことを「グリーントライプ」と言います。グリーントライプには、草食動物が植物を食べる際に出された消化液や消化酵素、プロバイオティクスやビタミン、アミノ酸が豊富に含まれており、犬の消化を促進し、栄養を吸収するのに役立ちます。

犬にとって必要のない穀物・合成添加物不使用の理想のドッグフード

k9ナチュラルは、ペットフードのかさ増しのために使われるような、米や小麦、トウモロコシなどの穀物は使用していません。動物性タンパク質である肉類は犬にとっても必要不可欠な食材ですが、穀物類は犬にとって消化に負担がかかったり、アレルギーを引き起こすことがあるため、必要ないと考えられています。その穀物を使用しないことにより、皮膚の状態が良くなったり、涙やけが改善されたという口コミも多いようです。

また、多くのペットフードには10%以上の水分が含まれているため、フードが腐るのを防ぐ酸化防止剤や保存料などの添加物は欠かせませんが、K9ナチュラルのペットフードは、そもそも水分が含まれていないため、このような添加物を使用しなくても、未開封の状態で2年間も常温保存が可能になっています。

さらには、生肉そのものの食材を使用しているので、フード自体に素材の風味や香りがあり、動物性油脂で香り付けしたり、甘味料や着色料などの添加物を一切使用していない無添加のペットフードです。

K9ナチュラル独自の製法、「非加熱フリーズドライ製法」とは

K9ナチュラルでは、新鮮な原材料の栄養素をそのまま閉じ込めてドッグフードにした、「フリーズドライ製法」という方法で調理しています。先述しましたが、K9ナチュラルのペットフードには水分が含まれていません。と言うのも、この製造過程に理由があるのですが、水分を含んだ状態の原材料をまず急速に凍結させ、減圧器の中に入れて真空状態にし、原材料に含まれた水分だけを飛ばして乾燥させてしまうという独自の製法を行っているためです。

また、加工の際の調理熱が45℃以上に上げないようにする「非加熱フリーズドライ製法」を取り入れることにより、生の原材料に含まれる栄養素や酵素、乳酸菌などをそのまま残すことができて、消化吸収を促すのに役立っています。

さいごに

確かに、K9ナチュラルの商品は、他社のメーカーのドッグフードと比べても、比較にならない程高額であることは事実です。例えば、K9ナチュラルの「ビーフ・フィースト」1.8kgが20023円(税込)になりますので、5kgの成犬に与える場合、1日食費は834円になります。
「1日834円なんて!!人間並みか、それ以上の高額な食費になってしまう・・・。」とがっくりしてしまう気持ちも分かります。

しかし、人工保存料や着色料などの合成添加物を使用したドッグフードを長年に渡って愛犬に食べさせ続けた結果、それらが体内で蓄積されることで、愛犬の身体に不調をきたし、結果的に病院へかかることが増えることもあるでしょう。愛犬が毎日食べる食事にお金をかけるのか、病院にお金をかけるのか、愛犬に聞かなくても言わずと知れたことではないでしょうか。

「やっぱりちょっと高すぎて手が出ない・・・。」ということであれば、普段食べているドッグフードと半々にして与えたり、毎日の食事のトッピングとして与えるのも良いかもしれませんね。

※内容は2017年1月時点での情報になります。原材料、商品名等の内容は変更している場合があります。

スポンサーリンク