初めてのドッグフードだと、なかなかすぐに食べてくれなかったり、食いつきが悪くなってしまうと言った場合もありますが、ドッグフードの試食会では、97.8%もの犬たちが食べたと言う「モグワンドッグフード」。その内容に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

「モグワンドッグフード」ってどんなドッグフード?

食いつきが違うと評判の「モグワンドッグフード」。「モグワンドッグフード」は高タンパクのドッグフードで、その原材料もチキン生肉と生サーモンがメインに使われており、動物性蛋白質が50%以上を占めたドッグフードになっています。犬本来の食生活に合ったドッグフードでもあります。

また、近年増加傾向にある食物アレルギーにも配慮した、グレインフリーのドッグフードでもあり、穀物は一切使用せずに作られています。その他、着色料や香料等を使用しない、愛犬の健康にも配慮したドッグフードで、保存料にも自然由来のビタミンE(ミックストコフェロール)が使われています。

そして、最大の特徴となるのが「モグワンドッグフード」は、ペットショップで購入することが出来ないという点です。ペットショップに並ばない理由とは、どのような事なのでしょうか。

ペットショップには並ばない「モグワンドッグフード」


「モグワンドッグフード」は、イギリスで生産されているドッグフードで、日本へと直輸入し、ネット上で販売されているドッグフード。一般的な流通スタイルとは若干違いますが、最大の理由としては、輸入してから手元に届くまでの日数を出来る限り減らしたいという点です。

ペットショップに並ぶと、輸入してからショップの店頭に並ぶまでに日数もかかり、更には購入するまでにも日数がかかってきます。「モグワンドッグフード」は、こうした日数を極力減らし、より新鮮な状態で愛犬に与えられるという理由が一つあります。

また、流通コストを削ることで、出来る限り良質なフードを低価格で販売する事ができるというのもポイントになっています。こうして自社販売を行うことで、顧客管理にも繋がるので、問い合わせなどの対応にも迅速に行えるのも、消費者にとってはうれしいポイントかもしれません。

「モグワンドッグフード」はアレルギーを持っていても食べられる?

「モグワンドッグフード」はグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードなので、穀物アレルギーの愛犬でも安心して食べさせることの出来るドッグフードです。

ただし、主原料にはチキンが使用されているので、鶏肉にアレルギーを持つ愛犬は食べさせることが出来ません。「モグワンドッグフード」の原材料には、チキンとサーモンのほか、ココナッツオイルやりんご、カボチャといった、愛犬の体にも良い原材料が使用されています。

この他、コンドロイチン・グルコサミンといった成分や、乳酸菌も配合されているので、腸内環境の向上や足腰の健康維持にも、ある程度効果が期待できるドッグフードでもあります。アレルギーを阻止することは出来ませんが、チキンアレルギーを持っていない愛犬であれば、一度試してみたいドッグフードではあります。

「モグワンドッグフード」は1日どれくらいの量を与えるの?


「モグワンドッグフード」は子犬からシニアまで対応した、全年齢対応のドッグフードですが、年齢や体重によって、給与量も変わってきます。1日量の目安としては、成犬ですと体重1kgに対し、33g程度。朝夜で分ける場合には、この33gを半分に分けて与えます。

体重1.5kgの場合ですと、1日量が45gほど。たった0.5kgの体重差で、フードの給与量も12g増えますが、人間の100gと、人間よりも体が小さな犬の100gでは、大きな違いがあります。日頃から愛犬の体重をしっかりと把握するようにし、ドッグフードの給与量もしっかりと行うようにしましょう。

たった1gでも、犬にとっては摂取カロリーも大きく変わってきます。体重のキープは、健康の維持にも繋がるもの。フードの摂取量はしっかりと管理しましょうね!

「モグワンドッグフード」は子犬でもOKなの?

結論から言うと、「モグワンドッグフード」は子犬はもとより、シニア犬までOKな全年齢対応のドッグフードなので、子犬でも問題なく与えることができるドッグフードです。子犬と言っても、生後4ヶ月以上を目安に、ふやかしのご飯からカリカリのご飯に切り替えるタイミングで、「モグワンドッグフード」を始めてみると良いでしょう。

実際のところ、子犬はOKなの?というよりかは、子犬の頃からシニアまでフードを変えずに与えられる方が、体重や健康管理もしやすいので、できればドッグフードはコロコロと切り替えず、同じフードを与えたほうが良いのです。

生後4ヶ月の子犬の給与量は、体重1kgに対して、1日量が41g。朝夜で分ける場合には朝21g、夜20gといった分け方でOKです。

「モグワンドッグフード」のカロリーは?

粗たんぱく質:28%、粗脂肪:12%、粗繊維:3%、粗灰分:8%、水分:8%、カロリーに関しては100gあたり344kcalという内容。比較的、平均的な成分値で、カロリーに関しては、普通〜やや高いといった数値です。

平均的な成分ですが、使用される原材料に関しては、愛犬の健康にも良いものですので、同じカロリーで添加物の入っているようなドッグフードを与えるのであれば、考える余地もなく、「モグワンドッグフード」を与えたほうが良いかもしれませんね。

一度、今食べているドッグフードの成分表記を確認して、「モグワンドッグフード」と比較してみてみましょう。シニア犬は特に、カロリーが高いようなフードは、消化するにも負担がかかってしまいます。出来るだけ、高タンパク・低脂質なドッグフード、カロリーが低いようなドッグフードが良いでしょう。

「モグワンドッグフード」の評判や口コミ紹介

気になる「モグワンドッグフード」の口コミや評判ですが、ドライフードが苦手な愛犬や、無添加のドッグフードを探していたという方が、試しに「モグワンドッグフード」を頼んでみたというのが目立ちます。

その結果の口コミには、食いつきが良かったというのが大多数を占めており、フード自体の匂いも良い香りと感じる製品のようです。「モグワンドッグフード」を始めようと思うきっかけも皆さんさまざまで、シニアを迎えたから、体に良いフードを与えたいと考える方や、病後に使用してみようと思ったという方も多かったです。

原材料も良いものが使用されているので、愛犬の健康を考えて、「モグワンドッグフード」に切り替えてみたというのが、大多数の意見ですね。

プロ目線から見た「モグワンドッグフード」

「モグワンドッグフード」のポイントとなるのは、ヒューマングレードの食材で作られたドッグフードという点です。主原料のうち50%以上が動物性蛋白質、残る原材料には野菜や果物といったブレンドで構成されているので、しっかりと動物性蛋白質を摂取しながら、必須ミネラルやビタミンも摂取することが出来ています。

これは、愛犬の消化にもよく、また、消化機能の向上にも繋がるもので、腸内環境が良くなると、次第に愛犬の毛艶や皮膚の状態が良くなったり、愛犬がいきいきとした表情を見せてくれるようになるでしょう。

無添加やグレインフリーといったフードは、近年では珍しくなくなってきました。これからポイントとなるのは、ヒューマングレードの食材で、愛犬にとって良い食材がチョイスされているかどうか、というのが、ドッグフードを選ぶ基準になってきそうです。

まとめ

「モグワンドッグフード」は、愛犬の健康にも配慮した、ヒューマングレードの食材を使用した高品質のドッグフードだということがわかりました。近年のドッグフード事情も徐々に2極化してきており、質の良いフードはどんどん向上し、質の悪いフードは値段も下げ、大量生産している印象を受けます。

もちろん、価格が安いという事は、その分の製造コストも低くなっているということ。製造コストが安いということは、低品質の原材料や添加物を使用して、ドッグフードが作られていることに繋がります。

毎日食べさせるドッグフードですので、愛犬の健康を守れるように、ドッグフードに対する知識はもちろん、良い製品をしっかりと選んで、愛犬の健康を維持できるようにしていきましょう!

スポンサーリンク