愛猫に小さい出来物や擦り傷が、ずっと消えないで残ってるということはないですか?もしかしたらそれは「扁平上皮ガン」かも。放っておくと出来物がどんどん大きくなり、命を危険に晒すこともあります。今回は猫の「扁平上皮ガン」について調べてみましょう。

扁平上皮ガンとは

「扁平上皮ガン」ってご存じでしょうか。扁平上皮ガンを発症すると、肌や口や鼻の中のように、皮膚が薄い部分に発症することが多く、状態が悪化すると、顔がどんどん変形して崩れてしまう病気です。

「扁平上皮」とは、皮膚や目の角膜といった体の表面や、口腔や鼻腔など体内への入口にあたる部分のことを言いますが、その扁平上皮細胞がガン化したものが「扁平上皮ガン」と言います。

また、扁平上皮ガンは、皮膚が存在する場所はどこでも発症する可能性がありますが、特に白い毛色の猫や、体毛の一部が白い部分及び毛の薄い部分に発症しやすいと言われています。

毛の薄い鼻筋や、眼瞼、耳介のようなところに、かさぶたのような傷が消えないで残っている、またはそのかさぶたが、大きく広がっているような場合は注意が必要です。「ただのかすり傷」と思って放っておくと、後で取り返しのつかないようなことになることもあります。

扁平上皮ガンの症状

先述したように、扁平上皮ガンは毛の薄い鼻筋や眼瞼や耳介、口腔内や鼻腔内に発症することが多いのですが、初期症状は発生箇所に小さなしこりやかさぶた、潰瘍(できもの)ができる程度で、あまり自覚症状がありません。

症状が進行すると、鼻筋に発症した場合、鼻にできた潰瘍が大きくなったり、鼻出血や鼻汁やくしゃみのような症状が現れます。眼瞼や耳に発症した場合は、かさぶたのようなものが、いつまでたっても治ることなく、徐々に大きくなります。耳介に発症した場合、耳介が落ちてしまうなど、ガン化した組織が脱落してしまうこともあります。

口腔内で発症した場合は、舌と歯肉に発症することが多いのですが、大きくなったしこりや潰瘍がただれて、そこから出血して血の混じったよだれを流すようになります。また、口腔内の痛みから、食べ物や水が飲み込めなくなったり、しこりや潰瘍が大きくなりすぎて、口を閉じられなくなることもあります。

扁平上皮ガンの原因について

扁平上皮ガンは、扁平上皮細胞がガン化することで発症しますが、その原因は未だ定かではありませんが、可能性としては、紫外線や免疫力の低下、タバコの煙などを含めた大気汚染の影響が原因ではないかと指摘されています。

まず紫外線に関しては、皮膚にできるガンは、長時間紫外線を浴び続けたことによる皮膚炎が原因で発症しますが、紫外線の影響を受けやすい白猫や体毛の一部が白い猫、毛の薄い箇所にガンが発症することが多いため、紫外線が影響していると考えられています。

また、高齢期を迎えた猫や、「猫エイズ(猫免疫不全ウィルス感染症)」などによって、免疫力が低下している場合も発症しやすいと言われています。他にも、口腔内や鼻腔内の扁平上皮ガンは、タバコの煙や大気汚染などを吸い込むことで発症することがあります。

扁平上皮ガンの治療法とは

初期段階でまだガンが小さく、猫に体力がある場合は、外科手術によってガン細胞を取り除きますが、ガンの転移や再発を防ぐために、疾病箇所を丸ごと切除します。例えば、耳介であれば耳をそのまま切除したり、眼であれば眼球を摘出し、顎であれば、顎の骨ごと切り取るといった大掛かりな手術が行われます。

しかし、ガンが進行している場合や、猫に体力が無くなっている場合、他の器官への転移が見られる場合などは、抗がん剤や放射線による内科的治療が行われますが、扁平上皮ガンは抗がん剤が効きづらいということと、治療費が高額ということから、やむを得ず自然療法に切り替える飼い主さんも多いようです。

扁平上皮ガンを予防するために

白い毛色の猫や、体毛の一部が白い猫を飼育している場合、紫外線に晒さないようにするためにも室内飼いにして、日差しが強い夏などは、なるべく紫外線が当たらないように気を使ってあげましょう。また、飼い主さんの喫煙にも気を付けましょう。飼い主さんの健康のためにも禁煙をすることをお勧めしますが、無理であれば、タバコを吸うときは外に出る、換気扇を使うなど、愛猫に対しての配慮が大切です。

扁平上皮ガンは、顔の一部の鼻や目や耳や口など、飼い主さんでも目視できる箇所に発症しますので、日頃から愛猫の顔を見て、スキンシップを兼ねて健康チェックしてあげることが、早期発見・早期治療に繋がるでしょう。

スポンサーリンク