ハムスターを2匹以上飼う時にはどんな注意が必要なのでしょうか?ハムスターを飼育すると、もう1匹増やしたいと思ったり、ペアで飼育して子供が欲しいと思うようになります。しかし、安易に2匹以上飼うことはやめましょう。しっかりと知識をつけて、2匹以上飼育する場合のポイントを押さえておくようにしましょう。

スポンサーリンク

身近なペット「ハムスター」

体も小さく、犬や猫のように鳴き声もほとんど出さないうえ、慣れてくると飼い主の手の上に乗ってきたり、両手でエサを食べたり、可愛らしい仕草を見せてくれるハムスター。

お世話もしやすく、身近なペットとして人気のありますが、ハムスターの生態や、性質を理解していなければ、思いがけないトラブルなどにあってしまうかもしれません。

ハムスターの仲間には、

  • ゴールデンハムスター
  • ジャンガリアンハムスター
  • ロボロフスキーハムスター
  • チャイニーズハムスター
  • キャンベルハムスター

が、よく見られる種類として人気がありますが、2匹以上飼う時の注意や、飼い方などよく調べてからお家に迎えてあげましょう。

種類に注意しましょう

ハムスターを2匹以上、同じケージで飼うとなると、まず注意することは「種類」です。

ゴールデンハムスターは、一般的に、一つのケージの中に2匹以上同居させるとケンカをすることが多いといわれています。野生のゴールデンハムスターは、縄張り意識がとても強く、単独で生活しているので、ペットとして飼う場合にも一つのケージに一匹で飼うことが望ましいでしょう。

ドワーフ系と呼ばれる小型の「ジャンガリアンハムスター」「キャンベルハムスター」「チャイニーズハムスター」「ロブロフスキーハムスター」は、一緒のケージで数匹を飼育出来ることが多いです。しかし、全てのドワーフハムスターが2匹以上で飼えるとも限りません。

繁殖を希望していて、オスとメスで飼う場合や、集団で飼いたい場合は、子供の時から一緒に過ごさせることが大切です。大人になってから一緒のケージに入れても、うまくいかないことが多いかもしれません。
ケンカを始めてしまった場合は大きなケガにつながりかねないので、違うケージに移し、同居させることはやめたほうが良いでしょう。

繁殖を望む前に

もともとハムスターが生活していた環境は天敵が多いため、それに負けない強い繁殖力を持っています。一度の妊娠で5頭から10頭の子供を産むことが出来るので、子供たちの分のケージを用意して置くスペースがあるのか、貰って育ててくれる方の当てがあるのか決めておきましょう。

ハムスターの種類も注意することがあります。例えば、同じドワーフの種類でも「ジャンガリアンハムスター」と「ロブロフスキーハムスター」では性質が違うこともあり、一緒に飼育することは難しいでしょう。繁殖できたとしても、「雑種」となるため遺伝子に問題があったり、体の弱いハムスターが生まれてしまうこともあるので、種類の異なるハムスターを一緒のケージでは飼わないようにしましょう。

繁殖するためには

オスのハムスターは生後7~8週間でメスを呼ぶためのマーキング(におい付け)が始まり、メスはオスより少し早く生後6~7週間で大人の体になりますが、繁殖には2カ月半から3カ月くらいが適しています。1歳半を過ぎたハムスターは、元気な赤ちゃんを産めなくなる可能性があるので繁殖は辞めましょう。

繁殖に適した環境にも注意しましょう。

・生まれて2カ月以上経っていること
・気温が20~22℃
・日照時間が12~14時間ある
・栄養をしっかりとっている

といった条件があれば良いです。
私たちが普段生活している環境では、1年中この条件を満たしているのでいつでも繁殖できますが、真冬や真夏などは体力が衰えてしまっているので、春や秋のほうが適しているといえます。

太っているハムスターは、甲状腺機能の低下などで発情しにくいと言われています。太り過ぎは様々な病気のもとにもなるので、日ごろから気を付けてあげましょう。

繁殖に成功するために

まずは「お見合い」をしましょう。最初から、オスとメスのペアで一緒のケージで飼育していない場合は、いきなり同じケージに入れてもケンカをしてしまう可能性が高いので注意します。4~5日の間ケージを隣り合わせに置き、お互いの様子を見ましょう。メスは4日に一度、12~20時間だけ発情するのでこの間がお見合いの成功率が高まります。

お互い、気になっている様子が見られたらメスをオスのケージに移してみます。
ハムスターは、メスが気が強いので、オスのケージに移したほうが、うまくいくことが多いでしょう。
移したばかりの時は、ケンカをしていても、しばらくすると仲良くすることがあるので焦らず様子をみますが、ケンカが激しくなったりして危ない様子が見られたら、すぐにケージから出して別々のケージに移しましょう。

一緒のケージに移してから、オスがメスを追いかけはじめ、メスがお尻を突き出して止まるポーズをとったりする様子が見られたら、交尾を始める合図で、20~60分の間、繰り返しおこなわれます。交尾の間は静かに見守りましょう。

妊娠〜出産まで

妊娠したメスのハムスターは気が荒くなって、オスを攻撃したりすることがあるので違うケージに移します。ハムスターの妊娠期間は、ドワーフで約18日、ゴールデンで約16日と短いので、早めに出産準備をしましょう。

巣材になる、干し草やティッシュペーパーなどをたくさん入れてあげて、落ち着けるように静かな場所にケージを置き、エサや水をあげる以外は近づかずに、お掃除も控え、出産に向けてそっとしておいてあげます。ハムスターは安産なので心配いらないでしょう。

出産した様子が感じられても、ケージに近づいたり覗いたりしてはいけません。出産後のお母さんハムスターはとても神経質になっていて、不安な状態になると赤ちゃんを隠そうとして、食べてしまうことがあったり、育児放棄をしてしまうことがあるからです。

赤ちゃんハムスターはあっという間に成長し、生後1か月を過ぎると繁殖出来るようになります。この頃に注意することは、兄弟で繁殖しないようにすることです。オスとメスに分けて飼育しましょう。
ハムスターが大人の体になるまでの期間はとても速いので、小さな頃から2匹以上飼うときには予想外に増えてしまわないように注意しましょう。

スポンサーリンク