犬の種類には様々な特徴や性質、気をつけなければいけない事などがあり、犬を飼う上では犬種別に特徴を理解することが必要です。今回は「ジャイアント・シュナウザー」について、飼っている方もこれから飼いたいと思っている方もチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

ジャイアント・シュナウザーとは

「ジャイアント・シュナウザー」は、数多くいる使役犬の中でも傑作な犬種として、警察犬や軍用犬として使用されていた歴史を持ち、現在も災害救助犬など幅広い分野で活躍しています。
ジャイアント・シュナウザーの大きさは、立ち上がると、女性の身長も軽く超えてしまうほど大きな犬種です。

また、シュナウザーという名前は、ドイツ語で「シュナウツ(口ひげ)」、「シュナウザー(小さいひげ)」からきています。その名前の由来通り、ジャイアント・シュナウザーの立派な口ヒゲと眉毛は、一見お爺ちゃんのようなユニークな外見を持ちます。

ジャイアント・シュナウザーに欠かせないスタンダード・シュナウザーの存在

シュナウザーは、「ジャイアント」「スタンダード」「ミニチュア」の3種類あり、シュナウザーの中で最も歴史が古く、シュナウザーの原型となる犬種がスタンダード・シュナウザーです。

「ジャイアント」と「ミニチュア」は、スタンダード・シュナウザーを改良した犬種になります。そのため、ジャイアント・シュナウザーのルーツには、スタンダード・シュナウザーは欠かせない存在となるのです。

スタンダード・シュナウザーは、15世紀頃のドイツで、ネズミやイタチなどの小害獣の狩りをするために作出されました。この犬種の作出には、「ワイヤーヘアード・ピンシャー」、ブラックの「ジャーマン・プードル」、グレーの「ウルフ・スピッツ」が用いられたと考えられています。シュナウザー特有の粗い針金状の被毛は、ウルフ・スピッツの影響が大きいようです。

ジャイアント・シュナウザーの体重はどのくらい?


ジャイアント・シュナウザーの体高は60cm〜70cm。体重に関しては32kg〜35kgほどです。みなさんもお馴染みの「ミニチュア・シュナウザー」の体重がおおよそ5kg〜9kgほどなので、ジャイアント・シュナウザーの大きさが大体イメージできるかと思います。

ジャイアント・シュナウザーのルーツとなっているスタンダード・シュナウザーに関しては体高がオスで47cm〜50cmほど。体重は23kg前後です。こうして3種類のサイズを見てみると、ミニチュア・シュナウザーの小型化が飛び抜けていますね。

この体重差から、同じシュナウザーであっても、ミニチュア・シュナウザーとジャイアント・シュナウザーとでは全くの別犬種と考えても良いでしょう。ミニチュア・シュナウザーを飼っているからと言って、ジャイアント・シュナウザーも同じように飼えるというわけではないですね。

ジャイアント・シュナウザーのルーツ

1600年頃、当時のスタンダード・シュナウザーは、小害獣の駆除だけでなく、牧場で家畜を外敵から守る護衛犬としても活躍していました。しかし、家畜を市場まで護送するには体が小さかったため、このシュナウザーを大型化しようと作出されたのが、「ジャイアント・シュナウザー」です。

スタンダード・シュナウザーに、複数の牧羊犬と「グレート・デーン」や、家畜の護送犬として定評のあった「ブービエ・デ・フランダース」などが掛け合わせられたと考えられています。

ジャイアント・シュナウザーは1900年頃まで、ドイツでは家畜の護送犬として活躍していましたが、その後の鉄道の普及や、犬による家畜の護送の禁止によって、その仕事が奪われていきました。

しかし、ジャイアント・シュナウザーの見た目の力強さや警戒心が強いことから、工場の護衛犬や店の番犬として、活躍の場を移すこととなったのです。

その後の1915年頃、第一次世界大戦では、警察犬として使用されたことで広く知られるようになり、第二次世界大戦においては軍用犬として活躍しました。ジャイアント・シュナウザーは当時、「ミュンヘンの犬」とも呼ばれていたようです。

ジャイアント・シュナウザーの性格

ジャイアント・シュナウザーは、とても陽気で明るく、従順でとても愛情深い性格なので、最良の家庭犬となるでしょう。

また、警戒心が強く、怖い物知らずなところがあり、いざという時が来たら、飼い主さんを守るため、勇敢に向かっていく性質を持ち合わせていますので番犬にも向いています。しかし、体が大きく、力が強い犬種なので、小さい子供には元気過ぎて手に負えないこともありますので注意が必要です。

とても賢く聡明で、学習能力も高いジャイアント・シュナウザーですが、頑固な一面もありますので、きちんとした上下関係を作り、しつけをしていかないと軽く見られることもあります。

また、気が荒いところもありますので、しつけと称して、暴力を振るったり、罵声を浴びせていると、飼い主さんに対して不信感を抱き、攻撃的になることがあります。叱る時は叱り、褒める時は褒めるなど、メリハリを付けながら上手にトレーニングをしていきましょう。

ジャイアント・シュナウザーの被毛

ジャイアント・シュナウザーは、針金状の硬い被毛の「オーバーコート(上毛)」と、密生した柔らかい被毛の「アンダーコート(下毛)」の「ダブルコート」という被毛を持つ犬種です。
一般的には、ジャイアント・シュナウザーのトリミングは、クリッピング(バリカンで毛を刈られること)されていることが多く、毛質が柔らかい子が多いようです。

中には、ストリッピングといい、ジャイアント・シュナウザー本来の硬い毛や色を保つためや、毛量を増やすために、頭や背中毛を完全に抜くトリミング方法もあります。これは、オーバーコートを抜くことで毛質が良くなり、アンダーコートを抜くことで通気性も良くなり、皮膚にも良いとされています。

しかし、皮膚も赤くなり、見た目も痛々しく、トリミング費用も高額になるため、日本ではあまりストリッピングするシュナウザーは見かけないかもしれません。

ジャイアント・シュナウザーのカットはどの位の費用?

体も大きく威厳のあるジャイアント・シュナウザー。トリミングに出す時には、バシッと格好良く決めたいですよね。そして気になるのがジャイアント・シュナウザーのトリミング料金です。

相場としては、おおよそ13,000円〜15,000円ほどといったところ。トリミングサロンやカットスタイル、状態によっても価格は変わってきますが、シャンプー・カットコースですと、おおよそこのくらいの料金がかかるでしょう。

また、トリミングに出す前には、ジャイアント・シュナウザーのトリミングが可能かどうかを確認する必要もあります。サロンによっては大型犬種が入るドッグバスを用意していない所もありますので、事前に確認するとよいでしょう。

シュナウザーカットもセンスが大事。散歩していて気に入ったカットのシュナウザーがいれば、どこでカットしているかを聞くなど、事前リサーチは必須かもしれませんね!

ジャイアント・シュナウザーの毛色


ジャイアント・シュナウザーの被毛のカラーは、「ソルト&ペッパー」「ブラック」の2種類のみとなります。

上記の写真にもあるように、ミニチュア・シュナウザーですと、「ブラック」「ホワイト」「ブラック&シルバー」「ソルト&ペッパー」の4種類が認められていますが、ジャイアント・シュナウザーに関しては2種類という違いがあります。因みに、スタンダード・シュナウザーに関しては、ジャイアント・シュナウザーの毛色2種類に「グリズル」を含めた3種類となっています。

ミニチュア・シュナウザーの毛色でイメージされるのは、グレー色の毛と白い毛の「ソルト&ペッパー」という方が大多数かと思いますが、ジャイアント・シュナウザーの毛色として一般的なのは「ブラック」。サイズによってもメジャーなカラーも変わるのですね。

スポンサードリンク

ジャイアント・シュナウザーがかかりやすい病気とは

【股関節形成不全】
股関節系背不全とは、股関節が正常に形成されなかったり、変形されることで、歩き方に支障をきたす骨の病気です。
肥満体型は、股関節形成不全を引き起こすきっかけとなってしまいますので、子犬の頃から肥満にならないように、食事の管理は徹底するようにしましょう。

【外耳炎】
ジャイアント・シュナウザーの耳は、耳の中まで毛で覆われています。立ち耳の犬種に比べ通気性が良くないため、耳の中が蒸れたり、カビや雑菌などが繁殖しやすく、外耳炎などの原因になります。暑い夏や湿気が多い季節は特に気を付けて、こまめな耳掃除が必要です。

【アトピー性皮膚炎】
アトピー性皮膚炎とは、アレルギーの原因であるアレルゲンが、何らかの要因で体内に入ることで、皮膚のバリア機能を低下させ、皮膚炎を引き起こす病気です。
アトピー性皮膚炎は一度発症すると完治が難しく、一生付き合わなければならない事がほとんどです。

ジャイアント・シュナウザーの販売価格について

ジャイアント・シュナウザーは、日本国内でも比較的希少犬種に入りますので、ペットショップ等で見かける機会は無いでしょう。基本的にはブリーダーから迎え入れる形になると思いますが、ジャイアント・シュナウザーを繁殖しているブリーダーは、関東にある数件のみとなっています。

価格に関しては20万円前後が相場といったところ。高い場合では50万円ほどの価格が付けられていることもあります。
市場では出回る機会のない犬種ですので、ペットショップで探すのはおろか、安価な価格で販売される機会もほぼないと言って良いでしょう。

大型犬種ですので、迎え入れる際にはしっかりとジャイアント・シュナウザーを飼育できる環境を整えてあげるようにし、他にもしつけ料金といった費用も検討しながら迎え入れるようにしましょう。

ジャイアント・シュナウザーをブリーダーから迎え入れる際のポイント

近年ではペットショップで愛犬を迎え入れる方の他にも、ブリーダーから直販で愛犬を迎え入れる方も増えてきているように感じます。これも、ペットショップに関する様々なニュースによるものかもしれませんね。

ブリーダーから愛犬を迎え入れる際には、まずはブリーダーとの信頼関係を築くことから始めてみましょう。ジャイアント・シュナウザーのような希少犬種となると、すぐに相談できる場所も限られるため、単に愛犬を迎え入れる場所という認識ではなく、長く付き合っていけるブリーダーかどうかを判断することが大事です。

上記のように、ペットショップの悪いニュースもあれば、ブリーダーに関係する悪いニュースも存在します。こうした悪いブリーダーが早く淘汰されるよう、愛犬を探す際には、犬の値段ではなく、しっかりとブリーダーの質を確認するようにしましょう。

ジャイアント・シュナウザーと暮らすために


ジャイアント・シュナウザーは、とても賢い犬種です。運動欲求の他にも、知力欲求も満たしてあげないと、ストレスから問題行動を引き起こすこともあるため、普段の近所の散歩やドッグランで走らせるだけでは、肉体的な運動欲求を満たすことができても、知的欲求は満たされません。

そのため、飼い主さんと一緒に遊べるようなゲームを取り入れるなど、身体も脳も刺激になるような運動をすると良いでしょう。そして、賢いゆえ、訓練やしつけなどの吸収は早いのですが、反面、いたずらなどの悪いこともすぐ覚えてしまいます。

また、多少頑固な面も持ち合わせていますので、幼少期からしっかりと主従関係を築き、「良いこと」と「悪いこと」を教えておく必要があるでしょう。

護衛犬、警察犬、軍用犬とマルチな才能を持つジャイアント・シュナウザー。ドイツが産んだ傑作犬として世界中から絶賛されています。大きくて、貫禄があって、連れて歩けば、向かうところ敵なしと言った感じがしますが、実は家で見せる素の表情は甘えん坊なところもあるようですよ。

スポンサーリンク