今や、うさぎも色々な場所へと、飼い主さんと共に移動する時代になってきました。そして、うさぎと共に移動を行うためのケースが「キャリー」と呼ばれるものです。今回はこのキャリーケースについて、選ぶポイントや利点などについて解説していきます。

スポンサーリンク

うさぎを運ぶための「キャリーケース」について

キャリーケースは、神経質なうさぎを落ち着かせて運ぶためだけではなく、様々な用途を兼ね備えたキャリーケースもあり、より安全に運ぶために欠かせないアイテムです。大きく分けて、「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」に分けられ、それぞれハードキャリー、ソフトキャリーといったように呼ばれます。また、それぞれに目的や利点も違っています。

うさぎに使用するからうさぎ用と思うかもしれませんが、そんなことはありません。もちろん、うさぎ用の方が機能的にはうさぎ向きではありますが、犬猫用のキャリーケースでも対応できる場合も多く、また、何よりも種類が豊富なので、選択肢もぐっと広がることでしょう。

価格はピンきりですが、一般的にはソフトキャリーの方が価格が高い場合が多いようで、おおよそ5,000円から、高いものでは20,000円近くするおしゃれな物まであります。一方のハードキャリーは、商品によりますが5,000円もあれば購入することができるでしょう。

「ハードキャリー」のポイントを押さえましょう

ハードキャリーと呼ばれるキャリーは、一般的にはプラスチックで作られたキャリーケースで、頑丈さが利点といえます。主に車などで移動する際に最適なキャリーで、うさぎ用にかかわらず、犬猫用のハードキャリーでも対応が出来ます。また、ハードキャリーにはシートベルトを通す穴が付いている商品もあり、車での移動の際の、万が一に備えることが可能となっています。

うさぎをキャリーに入れる際に気をつけたいポイントが、上から入れるのか・正面から入れるのかという点です。うさぎは、正面から入れられるのを嫌がる子が多いのです。そのため、うさぎ用のキャリーケースは大体が上から入れるタイプの物が多く販売されています。

キャリーのサイズは、のびのびできるように大きめ、と思いがちですが、こうした考えはいけません。キャリーケースは、逆に広すぎてしまうと、中で転がってしまう恐れもありますので、できるだけ動きにくい、もしくはギリギリ回転出来る程度のサイズが理想となります。キャリー内が広すぎると、逆に危険が多くなるので、ハードキャリーを利用する意味が無くなってしまうのです。

簡易ケージにもなる「ハードキャリー」

ハードキャリーを利用して、友人宅などに訪れた際には簡易的なケージとしても利用出来ます。うさぎは神経質な動物なので、新しい環境に行くと、じっと動かないうさぎも中にはいます。ハードキャリーを利用していると、キャリー内に自分の匂いも染み付くため、新しい土地に行った際には、キャリー内が落ち着ける場所に変わるのです。

また、キャリーケース内にも注目してみましょう。犬猫用のキャリーには「すのこ」が付けられていません。そのため、犬猫用のハードキャリーを利用する際には、下にペットシーツや牧草などを敷き詰めてあげないと、下からの衝撃がダイレクトに伝わってしまいます。足腰を守るためにも、キャリー内の床にも気を使うようにしましょう。ペットシーツを引くことで、おしっこをした際にも便利です。何も敷かずにいると、キャリー内が大惨事となりますので、ご注意を。

デザインで楽しめる「ソフトキャリー」

ハードキャリーとは逆に、ソフトキャリーは布等で作られたかばんのようなキャリーです。ソフトキャリーには頑丈さは求められない代わりに、おしゃれを楽しめる事がポイントとなります。

ソフトキャリーには、うさぎ専用の物もあれば、犬猫用のソフトキャリーを利用する方もいらっしゃるようです。この違いは、うさぎ専用のソフトキャリーには、すのこが付けられており、いつでも排泄ができるようになっています。犬猫用のソフトキャリーには、すのこがつけられていませんので、ペットシーツ等を敷いておく必要があるでしょう。

かばんのように持ち歩けるものですが、車で移動するというよりは、近隣の公園まで歩いて移動したり、動物病院へ運ぶ際に利用するといったシーンに向いているアイテムと言えます。長距離の移動には不向きですが、近隣の移動であれば、おしゃれも楽しめるキャリーケースなので、お気に入りのソフトキャリーを一つ用意しておくと便利かもしれませんね。

用途によって変わります

総合的に見ると、ハードキャリーを1つ持っていると、だいたいのシーンで活躍できるので便利かもしれません。また、そこまで高くはない物なので、抱っこをして移動するよりかは、うさぎの精神状態も考えてキャリーを一つは持つようにしたいですね。

ソフトキャリーは、最近流行りの「うさんぽ」などを楽しむ方に人気があるようです。かわいいデザインの物も数多く売られていますので、より自分好みのキャリーを見つけることが出来るでしょう。余裕があれば、1つあるとちょっとした移動にも使えますので、便利かもしれませんよ。

スポンサーリンク