「ソリッドゴールド」はアメリカ原産の老舗フードメーカーの一つで、犬の健康を体の内側から全体的に向上させることを目指したドッグフードとなっています。対して「カナガン」はイギリス原産のドッグフードメーカーで、動物性タンパク源を60%以上しようした、高タンパクなドッグフードとなっていますが、どちらが犬にとって良質と言えるドッグフードなのでしょうか。

そこで今回は「カナガン チキン」と「ソリッドゴールド」の成分値や品質内容を徹底比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

ソリッドゴールドとは

「ソリッドゴールド(Solid Gold)」はアメリカ原産の老舗ペットフードメーカーで、40年以上の歴史を持つフードメーカーです。ソリッドゴールドのポイントとなるのが化学物質を使用せずに作られた、犬の体全体を健康な状態にするドッグフードであるという点です。

そのポイントの一つが「小麦」や「コーン」「大豆」など、「グルテン」を多く含む穀物類の不使用。近年は穀物類に対してアレルギーをもつ犬が多く、中でもこのグルテンに対してアレルギーを発症する場合が多いです。

穀物アレルギーを持っている場合には、まずはこのグルテンに対してアレルギーを持っているのかどうかがポイントとなるのですが、ソリッドゴールドに使用される穀物類はグルテンを含まない玄米などの原材料です。

グレインフリー(穀物不使用)という選択肢もありますが、玄米などの穀物類には良質な炭水化物や栄養素が含まれますので、何が何でも穀物類を避けるべきというのは考えどころではあります。

また、コスト的な部分でも穀物類の使用の有無が関係してきます。穀物類には植物性タンパク質が含まれますが、安価にタンパク質を摂取させることが出来るため、穀物よりも効果なタンパク源である肉をできるかぎり使用せず、穀物類の含有量が多いドッグフードも存在します。

ソリッドゴールドの原材料について


今回はソリッドゴールドの基本ラインとなる「フントフラッケン」を対象にして解説していきたいと思いますが、フントフラッケンの主原料となるのは「ラム」と「玄米」です。

玄米は前述の通り、グルテンを含まない穀物類ですのでアレルギーを引き起こす可能性も低いです。ただし、穀物全般に対してアレルギーを保つ場合には避けたほうが良いでしょう。

主原料に使用されている「ラム」に関しては食物アレルギーを起こしにくい素材として知られており、チキンに対してアレルギーを持っている犬にも安心して与えることが出来ます。

【ソリッドゴールド フントフラッケン 原材料】
ラム・ラムミール・玄米・挽き割り精製大麦・オートミール・えんどう豆・ガルバンゾー豆・米ぬか・オーシャンフィッシュミール・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理)・乾燥卵・フラックスシード・トマト搾り粕(リコピン)・天然風味料・DLメチオニン・塩化コリン・塩化カリウム・サーモンオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・乾燥チコリ根・ニンジン・パンプキン・パセリ・リンゴ・クランベリー・ブルーベリー・レタス・セロリ・サトウダイコン・クレソン・ホウレンソウ・ブロッコリー・スペアミント・アーモンドオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・セサミオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・ユッカシジゲラエキス・乾燥ケルプ・タイム・ヒラマメ・ビタミンA・ビタミンD3・ビタミンE・硫酸亜鉛・ナイアシン・硫酸第一鉄・L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸(ビタミンC源)・パントテン酸カルシウム・チアミン硝酸塩・硫酸銅・リボフラビン・ピリドキシン塩酸塩・硫酸マンガン・キレート亜鉛・葉酸・ヨウ化カルシウム・キレートマンガン・キレート銅・亜セレン酸ナトリウム・ビオチン・ビタミンB12・ローズマリーエキス・ラクトバチルスアシドフィルス・ビフィドバクテリウムアニマリス・ラクトバチルスロイテリ

ソリッドゴールドに関してもカナガンと同様に、合成添加物を使用していない安全なドッグフードとなっています。

カナガンとは

「カナガン」はイギリス原産のドッグフードで、主に活発な成犬におすすめなドッグフードです。カナガンは高タンパクなドッグフードで、犬にとって最適な食材である動物性タンパク源が60%も使用されています。

残りの40%は野菜や果物、ハーブ類などの植物成分が使用されており、消化やプラスαの効果を与えるのに良い効果を与えています。犬は本来であれば雑食性の肉食動物ですので、その多くはタンパク質を必要としており、食物繊維は少量を摂取すればよい程度と考えられています。

多くのドッグフードに含まれる穀物類ですが、犬は穀物類の消化が苦手ですので、あまりに多量に穀物類が含まれる場合は、消化不良を引き起こしたり、場合によっては一部の穀物に含まれる「グルテン」に対してアレルギーを引き起こす場合もあります。

カナガンは穀物類を一切含まないグレインフリーのドッグフードですので、犬の消化にもよく、アレルギーにも配慮されたドッグフードと言えるでしょう。

カナガンの原材料について


カナガンの原材料を見てみましょう。第一主原料には「骨抜きチキン」が26%、次に「乾燥チキン」が25%含まれ、動物性タンパク源がすでに50%以上含まれる計算になっています。

安価なドッグフードですと第一主原料に穀物類を使用していることも多いですが、前述の通り、犬は穀物類が少し苦手と言える動物ですので、主原料に適した食材とは言いにくいです。

本来であれば肉類が主原料であるのが理想的であり、肉類の消化吸収を助けるための微量な食物繊維が含まれているのが、犬にとってのベストな配合と言えます。カナガンはこのベストな割合を実現しているドッグフードと言えるでしょう。

【カナガン チキン 原材料】
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

合成添加物に関しても使用されておらず、ビタミンEなどの自然由来の酸化防止剤が含まれます。安価なドッグフードでは合成添加物を使用しているフードも多く、不用意に着色されたフードや保存料や酸化防止剤に合成添加物を使用している物が多いですが、摂取量によっては犬の体にも悪影響が及ぶ懸念もあります。

合成添加物を使用しないで作られるドッグフードは増加してきていますが、いくら微量とは言え、可能性のあるものはできるだけ摂取させたくないというのが飼い主の気持ちではないでしょうか。

スポンサードリンク

カナガンとソリッドゴールドの成分を比較


ではカナガンとソリッドゴールドの成分値を比較してみましょう。犬の体を健康的に維持するためにはタンパク質が欠かせませんが、カナガンは高タンパクな33%という割合、ソリッドゴールドは22%と一般的なタンパク質量となっています。

脂質に関してはカナガンが17%、ソリッドゴールドは10%。カロリーはカナガンが361Kcal/100gに対し、ソリッドゴールドは344Kcal/100gとカナガンよりもやや低カロリーなドッグフードとなっています。

【カナガン チキン 成分】
粗タンパク質:33.00%、脂質:17.00%、粗灰分:9.00%、粗繊維:3.50%、水分:8.50%、オメガ6脂肪酸:2.80%、オメガ3脂肪酸:0.90%、エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal

【ソリッドゴールド フントフラッケン 成分】
粗タンパク質:22%、脂質:10%、粗繊維:4%、水分:10%、オメガ6脂肪酸:1.75%、オメガ3脂肪酸:0.75%、エネルギー(100gあたり)/約344kcal

両フードともに「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」を含んでいます。これら不飽和脂肪酸に関しては皮膚や被毛に対して良い効果を与えるものですので、バランスよく配合されていることが大事になります。

プロ目線から見たフードの比較

カナガンとソリッドゴールドはオールステージ対応のドッグフードである点や合成添加物を使用していない点、アレルギーに配慮されたドッグフードである点、安全性の高いヒューマングレードの原材料を使用している点など、共通する部分は比較的多い両フードです。

やや似た感もある両フードの比較となるポイントは、動物性タンパク源の含有量やカロリーを抑えた普段使いしやすいフードであるかという点です。やや似た部分があるものの、どちらのフードもおすすめしたい犬のタイプは変わります。

日頃から活発な成犬であれば、文句なしにカナガンはおすすめのドッグフードと言えます。豊富なタンパク質の量は元気な愛犬の体をより丈夫なものにしてくれることでしょう。

一方ソリッドゴールドをおすすめしたいのは、あくまでも「普通」の犬です。タンパク量やカロリー、脂質もバランスが良く、かつ肥満を引き起こすほどでもありませんので、普段使いのドッグフードとして優秀なフードと言えます。

仮にカナガンを運動不足の肥満犬に与えると、より肥満になってしまう可能性が高く、あまりおすすめできるものではありません。ですので、カナガンは「活発」な犬におすすめのドッグフードと言えるのです。

まとめ

カナガンとソリッドゴールドの比較をしてきましたが、犬によっておすすめとなるドッグフードは異なるということがわかりましたね。

カナガンはタンパク質量やカロリーも高いので、最適な犬を選ぶドッグフードとも言えます。対してソリッドゴールドはあらゆる犬に適しているドッグフードと言えますので、子犬〜老犬までおすすめできるドッグフードです。

特に老犬は多量の動物性タンパク源を消化するのに、体にも負担がかかってしまいがち。そのため、あるていどタンパク質の量は成犬時よりも減らしていくというのが理想です。

ただし、いずれのドッグフードも高品質なドッグフードであることには違いありませんので、進んでおすすめしたい製品でもあります。与えるのに適した犬を選ぶという点に置いてはカナガンの方がやや劣勢という感じなので、オールマイティーとも言えるソリッドゴールドの方が、やや優れたドッグフードと言えるでしょう。

スポンサーリンク