アレルギーに対応したフードとして有名な「ナチュラルバランス」。高タンパクで犬の栄養バランスにこだわった「カナガン」。両方のドッグフードも高品質なドッグフードには違いありませんが、どちらが犬にとっておすすめなドッグフードなのでしょうか。

そこで今回は「カナガン チキン」と「ナチュラルバランス ウルトラプレミアム ハイプロテイン ターキーフォーミュラ」の成分値や品質内容を徹底比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

「カナガン」の特徴とは


カナガンはイギリス原産のドッグフードで、原材料には「骨抜きチキン生肉」「乾燥チキン」をはじめ、動物性タンパク源として60%以上を含む高タンパクなドッグフードです。

犬は本来肉食動物であることから、カナガンは「生物学的に適性」である栄養バランスに着目。動物性タンパク源は60%、植物成分は40%という割合で、犬が消化しにくい穀物類は一切含まない、シンプルな高タンパクフードが特徴となっています。さらに、原材料となる動物性タンパク源はヒューマングレードの品質なので、愛犬にも安心して与えることが出来ます。

このように、カナガンは動物性タンパク源が豊富ですので、消化力の弱い犬も消化しやすいドッグフードと言え、犬本来の栄養バランスを摂取出来るので、皮膚や被毛にも良い効果が期待できるドッグフードとなっています。

「ナチュラルバランス」の特徴とは

ナチュラルバランスは食物アレルギーを持つ犬に特におすすめなラインナップが揃うドッグフードメーカーのひとつ。

アレルギーの原因となっている動物性タンパク源を限定し、穀物類はアレルギーを引き起こしやすい小麦やトウモロコシは使用していないグルテンフリー設計のものや、穀物類を一切含まないグレインフリーのラインナップも揃います。

ラインナップにはチキンベースをはじめ、

・ラム
・ターキー
・ポテト&ダック
・レジューム&ダック
・スウィートポテト&フィッシュ
・スウィートポテト&ベニソン
・スウィートポテト&バイソン
・ベジタリアン(動物性タンパク源不使用)

など、かなり多種多様なラインナップが揃います。こうした中でも、カナガンと比較するために、ナチュラルバランスの中でも一番高タンパクな「ウルトラプレミアム ハイプロテイン ターキーフォーミュラ」を取り上げて比較していきたいと思います。

カナガンとナチュラルバランスの原材料を比較

カナガンとナチュラルバランスの原材料を見てみましょう。

両方のドッグフードとも第一、第二主原料には動物性タンパク源が採用されているのがわかります。カナガンはチキン、ナチュラルバランスはターキーが使われていますが、ターキーはチキンよりも脂肪分が少なく、コレステロールが少ないというのが特徴です。

【カナガン チキン 原材料】
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

【ナチュラルバランス ウルトラプレミアム ハイプロテイン ターキーフォーミュラ 原材料】
ターキー、ターキーミール、エンドウマメ、ヒヨコマメ、エンドウマメデンプン、キャノーラオイル(天然混合トコフェロールで酸化防止)、マメプロテイン、マメファイバー、ナチュラルフレーバー、アマニン、メンハーデン魚オイル(天然混合トコフェロールで酸化防止)、塩、塩化カリウム、DL-メチオニン、亜鉛蛋白、硫酸亜鉛、硫酸鉄、鉄蛋白、硫酸銅、銅蛋白、硫酸マンガン、マンガン蛋白、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム、塩化コリン、ビタミンE、ナイアシン、D-カルシウムパントテン酸塩、ビタミンA、リボフラビン、硝酸チアミン、ビタミンD3、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、ローズマリーエキス、緑茶エキス、スペアミントエキス

カナガンには「乾燥全卵」が使われています。一方のナチュラルバランスは全卵も使われていないのですが、全卵に対してもアレルギーを持つ犬がいるため、アレルギー源となる原材料は使用されていません。

アレルギー対策という面では、やはりナチュラルバランスが得意とするところですので、アレルギーを持っている犬で高タンパクを求めるのであれば、ナチュラルバランスがおすすめと言えそうです。

スポンサードリンク

カナガンとナチュラルバランスの成分を比較


続いてカナガンとナチュラルバランスの成分を比較してみましょう。

カナガンのタンパク質は33%、ナチュラルバランスのタンパク質は32%と、カナガンのほうが僅かながら高タンパクなドッグフードとなっています。

脂肪分に関してはカナガンが17%、ナチュラルバランスが14%と、ターキーを主原料としているだけあってナチュラルバランスの方が低脂肪な内容となっています。

繊維質はカナガンが3.5%、ナチュラルバランスが4.5%とナチュラルバランスの方が繊維質が高く、消化に配慮した成分となっています。

カロリーを比較してみると、カナガンは361kcal/100g、ナチュラルバランスは359kcal/100gという内容。両フードともに同じくらいのカロリー量となります。

まとめると、カナガンは高タンパク・高脂質・高カロリーのドッグフードで、ナチュラルバランスは高タンパク・低脂質・高カロリーのドッグフードということになります。

カナガンとナチュラルバランスの給餌量と価格を比較

カナガンとナチュラルバランスの給餌量を見てみましょう。

両方のドッグフードとも、子犬から老犬までのオールステージ対応のドッグフードとなっています。そのため、愛犬の年齢や体重、状態によってフードの量を適性、調節する必要があります。

カナガンは5kgの犬で1日量が75g〜120gという割合、ナチュラルバランスは5kg〜10kgの犬で81g〜129gが1日量となります。カナガンのほうがやや少ない量で1日量をまかなうことが出来そうです。

また、販売価格はカナガン2kgが定価で3,960円(税抜)。ナチュラルバランスは1kgで1,950円(税抜)なので、2kgにすると3,900円(税抜)。価格としてもほぼ似た金額となりますので、消費者としては迷いどころですね。

ただし、カナガンの食いつきが良ければ「定期コース」がおすすめ。定期コースにすると10%〜20%OFFの特典がつきますので、より安い金額でカナガンを与え続けることが出来ます。20%OFFになると3,168円(税抜)となりますので、かなり格安の料金で購入することも可能なのです。

プロ目線から見たフードの比較


ナチュラルバランスはアレルギーを持つ犬にとって、非常に与えやすいドッグフードであることが特徴となります。また、年齢に問わず与えることが出来るので、アレルギーを持つ高齢の犬にも与えやすい成分量で作られています。

対するカナガンは高カロリーで脂肪分も高く、カロリーも高いので活動的な成犬でなければ肥満を引き起こしてしまう可能性もあるでしょう。また、動物性タンパク質を消化するのには腎臓を始めとした内蔵にも負担がかかってしまうため、老犬や病気をしている犬にとっては、少々重いドッグフードとなります。

活動的な犬であればカナガンは最善なドッグフードとも言えますが、アレルギーを持っていたり、肥満、老犬、病中の犬はナチュラルバランスのラインナップで試したほうが安心かもしれません。

まとめ

カナガンは日本ではチキンのみのラインナップとなっているので、比較するためにナチュラルバランスの中でも一番高タンパクな種類で比較してきました。

カナガンはグレインフリーのドッグフードですが、チキンに対してアレルギーを持つ犬も少なくありませんので、チキンアレルギーを持つ犬はナチュラルバランスがおすすめとなります。

少々高タンパク過ぎる成分ですので、両フードとも活動的な成犬におすすめとなるドッグフードです。また、消化のしやすさで見てみても、カナガンはグレインフリーで穀物を使用していないので消化はしやすいかもしれませんが、繊維質は低め。

対してナチュラルバランスは繊維質も高くグレインフリーのフード、ターキーを使用しているのでチキンよりも消化に良いと考えられます。

アレルギーもなく活動的な犬であればカナガンを、アレルギーを持っていて活動的な犬であればナチュラルバランスという選択肢になるかと思います。両フードを比較すると、ナチュラルバランスの方がやや優れたフードと言えるかもしれませんね。

スポンサーリンク