高タンパクが特徴となっているドッグフード「カナガン」と、ホリスティックケアを特徴としているドッグフード「ハロー」。両フードとも高品質なドッグフードで、原材料もヒューマングレードのものが使われていますが、どちらがより優れたドッグフードなのでしょうか。

そこで今回は「カナガン チキン」と「ハロー」の成分値や品質内容を徹底比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

カナガンとは?


イギリス原産のドッグフード「カナガン」は、動物性タンパク質にこだわった高タンパクなドッグフードです。また、犬にとって消化しにくい穀物類は一切含まないグレインフリーのドッグフードというのもポイントとなっています。

犬が必要としている栄養バランスは「動物性タンパク質が60%、植物成分が40%」という生物学的に適切な栄養素の比率。これは、犬の祖先が肉食のオオカミであること、そして犬自身も肉食の動物でもあることから、その多くの栄養は動物性タンパク質から摂取するべきというのがカナガンの考え方となります。

また、原材料に使用される素材は人間の食材と同じレベルのヒューマングレードの食材で、粗悪な肉などの素材は使用していません。

安価なドッグフードの危険性

安価なドッグフードは原材料も粗悪なものを使用しているため、フードから得られる栄養価も低く、素材の新鮮さも無いために嗜好性にも問題があります。

この嗜好性を解決するために、粗悪な素材で作られた脂をフードに吹き付けることで嗜好性を高めていますが、合成添加物が含まれている場合が多く、犬の健康にもリスクが高いものとなっています。

カナガンはこうした原材料は一切使用せず、高品質なヒューマングレードの原材料が使用され、犬の健康に害を与える可能性の高い合成添加物も一切使用しておりません。

近年ではこうした合成添加物を使用するドッグフードも減っては来ていますが、保存料として合成添加物を使用しているドッグフードも存在します。少量であれば問題はないとされていますが、そもそも害が及ぶような物を与えたいとは思いません。

カナガンの原材料

カナガンの原材料を見てみましょう。第一主原料には「骨抜きチキン生肉」が使用されており、続いて「乾燥チキン」、他にも「鶏脂」「乾燥全卵」などで動物性タンパク源は60%を占めていますので、しっかりと動物性タンパク質から栄養を摂取することができる内容となっています。

【カナガン チキン 原材料】
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

植物成分には「りんご」などの果物、「ホウレンソウ」などの野菜、「カモミール」などのハーブ類が含まれます。コンドロイチン、グルコサミン、MSMといった成分も含まれていますので、関節ケアにも配慮されていると言えるでしょう。

前述の通り、カナガンは犬が本来必要とする栄養バランスを考え、60:40の割合でタンパク源を摂取することの出来る、高タンパクなドッグフードとなっています。

スポンサードリンク

「ハロー(HALO)」とは?


「ハロー(HALO)」の特徴は「ホリスティックフード」であるというポイントです。ホリスティックとは、いぬの健康を維持するために全体のバランスから健康を考え、心身ともに健康であるということ。ハローはより健康的な生活をおくるための、ホリスティックなドッグフードなのです。

そのこだわりの一つが、ドッグフードに含まれる原材料です。ハローの原材料は高品質なナチュラル素材が採用されており、主原料に含まれる動物性タンパク質はヒューマングレードの素材が使われています。

このほか、野菜や果物、植物性タンパク質など栄養満点の素材が原材料に使用されておりますが、消化不良や食物アレルギーを引き起こす「グルテン」を含む穀物類は使用していません。

当然、合成添加物や「ミール」原料、副産物の混ざったような食肉も使用されておりませんので、安心して愛犬に与えることが出来るドッグフードでもあります。ホリスティックフードと言うだけ合って、より安全な、より健康的な内容のドッグフードとなっています。

【ハロー アダルト ヘルシーチキン 原材料】
チキン正肉、全卵、エン麦、精白麦、チキンレバー、エンドウ豆粉、野菜エキス、エンドウ豆プロテイン、鶏脂(ミックストコフェロールとクエン酸で酸化防止)、亜麻仁、サーモンオイル(ミックストコフェロールで酸化防止)、油脂(DHA源)、ニンジン、クランベリー、ブルーベリー、リンゴ、ズッキーニ、アルファルファ、サツマイモ、タウリン、イヌリン
ビタミン類(A、D3、E、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、C、葉酸、ビオチン、コリン)
ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、コバルトアミノ酸キレート、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、マグネシウムアミノ酸キレート、ヨウ素、セレン)
プロバイオティクス(ラクトバチルス菌、ビフィズス菌、ペディオコッカス菌)

カナガンとハローの成分を比較

カナガンとハローの成分値を比較してみましょう。カナガンのタンパク質量は33%、対してハローのタンパク質は28%と、カナガンの方がタンパク質は高め。やはりカナガンの方が動物性タンパク質の含有量が多いので、タンパク質も高いドッグフードとなっています。

【カナガン チキン成分値】
粗タンパク質:33.00%
脂質:17.00%
粗灰分:9.00%
粗繊維:3.50%
水分:8.50%
オメガ6脂肪酸:2.80%
オメガ3脂肪酸:0.90%
リン:1.42%
カルシウム:1.86%
エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal

【ハロー アダルト ヘルシーチキン 成分値】
粗タンパク質:28%
脂質:15%
粗灰分:8.00%
粗繊維:6.5%
水分:10%
オメガ6脂肪酸:3.1%
オメガ3脂肪酸:0.5%
リン:1.0%
カルシウム:1.2%
エネルギー(100gあたり)/約418kcal

脂質に関してはカナガン 17%、ハロー 15%とややカナガンの方が高め。しかし、カロリーに関してはカナガンが361Kcal、ハローが418Kcalとハローのほうが高カロリーなドッグフードとなっています。

また、ハローは皮膚と被毛の健康維持を特徴としているドッグフードですが、そのポイントとなっているのが不飽和脂肪酸のオメガ3、オメガ6脂肪酸の配合です。

ハローの成分値ではオメガ3が0.5%、オメガ6が3.1%。対してカナガンはオメガ3が0.9%、オメガ6が2.8%という内容です。

このオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸は皮膚や被毛の健康維持に欠かせないもので、犬は食事などから摂取しなければならない必須脂肪酸となっています。炎症を和らげる効果や関節炎を改善する役割があると考えられている不飽和脂肪酸ですが、実はオメガ3とオメガ6のバランスが大事になってきます。

参考の割合としてはオメガ3脂肪酸が1に対し、オメガ6脂肪酸が5〜10ほど。この割合で見ていくと、ハローはおおよそ1:6、カナガンがおおよそ1:3という割合です。

それぞれの効果としては期待できますが、バランスよく摂取することを考えるとハローのほうがバランスが良く、皮膚や被毛、涙やけなどに対して改善が期待できるでしょう。

プロ目線から見たフードの比較


今回比較するハローのアダルト ヘルシーチキンは1歳から6歳の成犬向けドッグフード。対してカナガンは全年齢対応のドッグフードとなっています。

しかしながら、高齢犬にとってはカナガンのタンパク質の数値はやや高め。あまり高齢犬向きとは言えません。ただし、子犬〜成犬にとっては丈夫な筋肉を作り出すタンパク質が豊富なドッグフードですので、上部な体を作るのによいドッグフードと言えるでしょう。

ハローは今回ご紹介したラインナップが成犬用ですのでカロリーも高めです。成犬用のハローを高齢犬に与えるのであれば、ハローは年齢別のラインナップも揃っていますのでシニアシリーズを与えるのが適しています。

カナガンは給餌量でコントロールする形になるので、高齢犬に与える場合は成犬時より給餌量を減らし、愛犬の状態を把握しながら与えるようにしましょう。

まとめ

カナガンとハローを比較してきました。カナガンは高タンパクなドッグフードですので、主に成犬におすすめのドッグフードで、高齢犬であれば状態を見て給餌量をコントロール、もしくは別のフードに切り替えるという選択がベストかも知れません。

日本に住んでいる小型犬の多くは運動不足気味であったり、肥満体質な子が多かったりもしますので、たとえ成犬であっても給餌量のコントロールは常に心がけておいたほうが良いでしょう。

また、ハローに関してもカロリーは決して低いとは言えません。ただし、ハローの場合はラインナップも揃っていますので、愛犬の状態に適したラインナップのドッグフードを与えるようにしましょう。

カナガンは良質なドッグフードではありますが、このようにラインナップが1種類のみとなっていますので、ハローのほうがドッグフードを選びやすいです。成犬から高齢犬に移行することも考えれば、ハローのほうが安心して与えられるドッグフードであるかもしれませんね。

スポンサーリンク