雌犬が発症してしまう「乳腺炎」という病気。乳腺が腫れてしまったり、しこりができてしまったりといった症状で、痛みも伴う病気です。子育て中の母犬は特に注意が必要な病気ですので、事前に乳腺炎の症状や原因を理解しておきましょう。

犬の乳腺炎とは?

雌犬が発症する病気に「乳腺炎」と呼ばれる病気が存在します。乳腺炎は雌犬の乳房にしこりがあったり、腫れてしまったりといった症状が見られるようになり、乳腺炎を患ってしまっている場合には、乳腺に痛みを感じているために、授乳するのを嫌がったりといった様子も見られるようになります。

また、子育てをしていない雌犬も乳腺炎を患う場合があり、妊娠していないのに乳が出てきたり、乳腺が張ったりといった症状もみられます。こうした症状の他にも、元気が無くなったり食欲が落ちてしまったりといった症状も見られるようになります。

犬の乳腺

犬が喜ぶと寝転がって仰向けになったりするので、雌犬であればすぐにお乳が確認できるかと思いますが、このお乳が犬の「乳腺」になります。この乳腺は雌犬の前足の付け根の下辺りから後ろ脚の付け根辺りまで、左右5箇所ずつ、合わせて10箇所付いています。また、必ずしも左右対称に乳腺が付いているわけではありません。

乳腺炎の症状と原因について

雌犬が乳腺炎を発症すると、元気の減退、食欲の低下などの症状が見られるようになり、前述の通り、妊娠していても妊娠していなくても、乳腺炎を発症するリスクは存在します。基本的な症状は乳腺自体が腫れてしまうため、熱を持ったり痛みが生じたりします。また、しこりも確認されるでしょう。また、乳腺も張って乳が出てきますが、その乳は黄色い乳汁として分泌されます。

乳腺炎を発症してしまう原因には、授乳中に傷がついてしまうことで細菌に感染してしまったり、乳汁が詰まってしまったりといった事が原因となります。また、こうした要因の他にも、乳腺炎を引き起こしてしまう原因に「偽妊娠」と呼ばれる、雌犬の病気も関係する場合があります。

この偽妊娠は、人間で言うところの想像妊娠と近いものになりますが、犬の偽妊娠はホルモンの分泌が正常に働かなかった為に引き起こされる、ホルモンの病気のひとつです。偽妊娠を引き起こすことで、乳汁が溜まってしまい、結果として乳腺炎も引き起こす原因となってしまうのです。

「偽妊娠」とは

約60日間ほど続く発情後期の間、メス犬の体には、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンの分泌が続きます。この黄体ホルモンは、受精卵が着床しやすくするためのホルモンですが、偽妊娠は黄体ホルモンが出続けてしまうことで引き起こされます。

本来であればメス犬の体は、妊娠しなかった場合には黄体ホルモンの減少とともに、通常に戻っていくのですが、黄体ホルモンが分泌されている間には、メス犬の体も妊娠を受け入れる態勢のままなのです。そのため、黄体ホルモンが出続けてしまうと、メス犬の体は妊娠していると勘違いを起こしてしまい、偽妊娠を発症してしまうのです。

メス犬が偽妊娠を引き起こすと、乳腺が張ってきたり、お乳が出てきたりと言った症状が見られるようになり、本能的に子犬を産む準備をしようと、落ち着ける場所で巣作りを行ったり、ぬいぐるみ等を相手にして、子育てを行うなどの行動が見られる場合もあります。

偽妊娠の治療に関しては、特に何もしなくとも通常の状態に戻っていくため、特に治療を施さないといけないと言うわけではありませんが、毎回のヒートの度に偽妊娠を繰り返すようであれば、一度検査を行ったほうが良いかもしれません。

乳腺炎の治療について

犬が乳腺炎を発症してしまった場合には、軽度であれば乳房・乳腺を冷やして、炎症を少しでも抑えるといった処置が可能です。しかし、すでに炎症を起こしてしまっている場合には、子犬への授乳は避けるようにしましょう。患部が悪化してしまうことに加え、子犬にも細菌が移ってしまいますので、こうした場合には人工哺乳を行うようにしましょう。

また、動物病院では投薬による抗炎症剤やホルモン剤の投与といった処置が行われます。すでに乳房に膿が溜まるなど、症状が重いようであれば外科手術が必要になる場合があります。外科手術では、患部の切除を行うことになるでしょう。こうした状態になる前に、早めの処置を心がけたいところです。

乳腺炎を予防するために

乳腺炎を予防するには、常に清潔な環境を保つように心がけることです。これは、妊娠している・していないに関わらず大事なことです。授乳中の雌犬は、子犬によって乳房が傷ついてしまう心配がありますが、妊娠していない犬も何かしらの原因で乳房が傷ついてしまったり、偽妊娠を引き起こす可能性もありますので、常に清潔な環境を維持することは大事なことです。

また、授乳中の雌犬の場合には、子犬の動きや母犬の行動をしっかりと確認するようにしましょう。授乳を嫌がっていないか、子犬はしっかりと乳を飲めているか等、こうしたチェックも母犬のみならず、子犬にとっても大事なことです。母犬に何か会った場合を想定して、予め粉ミルクを用意しておくと言うのも大事なことかもしれません。

雌犬が引き起こすこうした病気は、避妊手術を行うことでも発症のリスクは減らすことができますが、子犬を授かりたい場合にはそうにも行きません。こういった病気の存在を知っておき、すぐに対処できるように理解を深めておくようにしましょう。

スポンサーリンク