低アレルゲンで、低カロリー・低脂質、高タンパク質の食材として注目される「ホース(馬肉)」。近年では様々な食肉がドッグフードとして扱われるようになりましたが、それぞれの食材の特徴を理解しつつ、愛犬に与えたいもの。今回は馬肉について解説します。

スポンサーリンク

様々なドッグフードの「原料」

近年では食物アレルギーを持つ犬も多く見られ、数年前まで主流だった「チキン(鶏肉)」に対してアレルギーを持つ犬も多いため、チキンアレルギーに対応するべく登場してきていたのが「ラム(羊肉)」でした。しかし、このラム肉に対しても食物アレルギーを持つ犬もおり、今ではチキンやラム肉のほか、今回取り上げる「ホース(馬肉)」や「ベニソン(鹿肉)」、「ビーフ(牛肉)」「ポーク(豚肉)」と言ったように、実に様々な動物性タンパク質がドッグフードとして採用されています。

こうした食材は、なにも食物アレルギーを持つ犬のためだけではなく、嗜好性(食いつきの良さ)のためだったり、その食材が持つ特徴を活かすためにも採用されています。同じ動物性タンパク質でもチキンやラム、その他の肉では大きな違いがあるのです。

低カロリーな動物性タンパク源の「馬肉」

私達が食べる肉で、カロリーや脂質が低いとされているのが鶏のササミですよね。これはドッグフードにも同じことが言えますが、先程挙げた動物性タンパク質の中で単純に成分を比較した際に、部位によっても若干の数値の差はありますが、最もカロリーが高い物が「ポーク(豚肉)」になります。また反対に、挙げた中で最もカロリーが低いものが「ホース(馬肉)」と「ベニソン(鹿肉)」です。

「100g中のカロリー(参考値)」
・チキン(鶏肉)・・・200 kcal
・ラム(羊肉)・・・227 kcal
・ホース(馬肉)・・・110 kcal
・ベニソン(鹿肉)・・・110 kcal
・ビーフ(牛肉)・・・371 kcal
・ポーク(豚肉)・・・386 kcal

低脂質・低カロリーな馬肉

低カロリーと聞いて気になるのが脂質です。肥満傾向の愛犬にとって最適なドッグフードの原料が低カロリーであることから、脂質も低脂質である必要があります。脂質を比較してみると、最も低脂質なものが鹿肉、次いで馬肉の順となりますが、他の食材と比較してみても圧倒的に低脂質であることがわかりますね。

「100g中の脂質(参考値)」
・チキン(鶏肉)・・・14 g
・ラム(羊肉)・・・16 g
・ホース(馬肉)・・・2.5 g
・ベニソン(鹿肉)・・・1.5 g
・ビーフ(牛肉)・・・32.9 g
・ポーク(豚肉)・・・34.6 g

このように、馬肉と鹿肉は圧倒的に他の食肉と比較して低カロリー・低脂質であることが分かります。低カロリー・低脂質なフードは、肥満傾向の愛犬にも最適なものです。チキンアレルギー等を持っていて、肥満傾向の愛犬の場合には馬肉か鹿肉を選択してみるのも良いかもしれません。

高いタンパク質を含有する馬肉

馬肉が低カロリー・低脂質な食材であることはわかりましたが、他の成分に関してはどうでしょうか。馬肉と他の食肉を比較してみると、健康な体を構成するのにかかせないタンパク質においても鹿肉に次いで高い含有量です。このことから、馬肉は低カロリーで高タンパクという、理想的な食材であることがわかります。

「100g中のタンパク質(参考値)」
・チキン(鶏肉)・・・16.2 g
・ラム(羊肉)・・・18 g
・ホース(馬肉)・・・20.1 g
・ベニソン(鹿肉)・・・22.3 g
・ビーフ(牛肉)・・・14.4 g
・ポーク(豚肉)・・・14.2 g

まとめ

以上からもわかるように、馬肉は低カロリー・低脂質・高タンパク質の食材で、他にも繊維質やビタミン・ミネラルも豊富、また、肝臓にも優しい食材としても知られ、コレステロールを抑えるリノール酸・オレイン酸などの不飽和酸脂肪も豊富な非常に優れた食材です。

ここまで書くと、なんで馬肉のドッグフードが少ないの?という疑問が上がりますが、馬肉はとっても高価な肉としても知られますね。これは人間用にも同じことが言えますが、ドッグフードに使用するとなると、他の食肉と比較して非常に高価になってしまうという事が言えます。そのため、馬肉を扱うドッグフードは少ないのかもしれませんね。

馬肉を主原料としているドッグフードの多くは、店頭に並ぶ商品ではなくネット通販などで販売されている小規模の物が多いようですが、馬肉を試してみたい!という飼い主さんは、まずは店頭に並んでいる馬肉を使用した缶詰やおやつを試してみてはいかがでしょうか。

こうしたアイテムでも、ある程度の食いつきは確認できますので、まずはおやつなどから始めてみて、食いつきが良いようであれば馬肉を主原料としたドッグフードに挑戦してみても良いかもしれません。馬肉自体の成分に対する信頼度は非常に高いものなので、愛犬にも良い効果が見られることでしょう。

スポンサーリンク