下痢をする事が多いフェレット。遊び好きな反面、ナイーブな面もあるので、ちょっとした事でも下痢をしてしまうことも。しかし、中には病気によって下痢を引き起こしている場合もあります。今回はフェレットが下痢をした場合の原因と病気について解説します。

スポンサーリンク

フェレットが下痢をしている場合

比較的、フェレットは下痢をしやすい動物です。いつもよりも糞が柔らかい〜下痢をしている場合には、前日や数時間前のフェレットの行動を振り返ってみましょう。

例えば、水を多く飲みすぎていないか、ご飯やおやつを多く食べすぎていないかなどです。水を飲みすぎていたのであれば、単純に糞の水分量が多いことがわかりますし、食べすぎていたのであれば、消化が追いついておらず、下痢となってしまっている事がわかります。この場合では、フェレットフードを突然違うものに変えた場合にも、こうして下痢をしてしまう子も居ます。

また、フェレットの性格はどうでしょうか。神経質な性格の子であれば、前日にお出かけをしていた、または出先であった場合に下痢をしてしまう可能性もあります。ナイーブな性格のフェレットは、このようにちょっとした変化があった場合にも、下痢をしてしまう場合もあります。

病気が疑われる下痢とは

上記に挙げたような様子が思い当たらない場合には、病気を疑ってみましょう。病気を患っているために下痢をしてしまう場合には、通常の糞・下痢の臭いとはまた別の、より悪臭が強い下痢をする場合が多いです。

下痢のタイプも幾つかに別れ、完全な水下痢の場合や、粘膜が混ざった下痢、赤い鮮血が混ざった下痢、緑色〜黒っぽいドロドロした下痢といったように様々です。しかし、これらの下痢をしている場合には、何かしらの病気を発症している可能性が高いです。

子供のフェレットに多い「コクシジウム症」

犬やうさぎにも存在する「コクシジウム症」という病気。コクシジウムと呼ばれる寄生虫に感染することで下痢等の症状を引き起こします。また、コクシジウム症は比較的まだ抵抗力の弱い子供のフェレットが発症する病気としても知られます。大人のフェレットでは、抵抗力・免疫力があるため、症状を発症してもすこし軟便になる程度でしょう。

コクシジウムは、主に不衛生な環境や、外を散歩等させている時に感染する可能性があります。フェレットであれば、ある程度大人になってから散歩をする機会はあると思いますが、子供であれば外に出す機会というのも、そう無いとは思いますので、コクシジウム症に感染している場合には、販売先などからの感染が疑われるでしょう。

コクシジウム症を発症すると、下痢を引き起こしますが、状態が悪化してくると、嘔吐や元気の減退も見られるようになり、下痢を繰り返すために脱水症状を引き起こし、この状態を放おっておくと命の危険にも関わってきます。

万が一、発症した場合には他の動物や同居フェレットからは隔離し、すぐに動物病院にいくようにしましょう。通常であれば、1〜2週間の投薬治療で完治しますので、2次感染を防ぐためにも、飼育環境を綺麗にするなどの対策が必要となります。

スポンサードリンク

フェレットに多く見られる病気の可能性も

3〜4歳の大人のフェレットに多く発症が見られる病気でも、下痢の症状は見られます。「インスリノーマ」や「毛球症」といった病気が、フェレットに好発する病気で知られますが、インスリノーマを発症した場合には、他の症状に合わせて常時、下痢をするようになります。毛球症である場合には、嘔吐や黒っぽい下痢をするようになり、食欲なども低下していきます。

他にも好発の病気は存在しますが、いずれの場合も病院にすぐいって診察を受けたほうがよさそうです。毛球症であれば、極端にひどい状態でなければすぐに解決する場合もありますが、インスリノーマであった場合では、長期的な介助が必要になるでしょう。

異物や食べてはいけないものを食べてしまった

とてもやんちゃな動物で、遊ぶことが大好きなフェレットですが、この性格が災いして、体内にダメージを受ける場合もあります。具体的には、自宅内での「事故」ですが、何気なく置いていた観葉植物や食べ物を、フェレットが口にしてしまうことでも下痢を引き起こし、口にしてしまう物によっては命の危険もあるでしょう。

また、床に落ちているゴミや小銭などを食べてしまい、腸に詰まりを起こしてしまったために下痢をしてしまうなんてこともあるのです。

フェレットは居間などで遊ばせる場合には、こうした細かい点にも注意するようにし、フェレットが誤って食べてしまうものが置かれていないか、十分に注意してから遊ばせるようにしましょう。

まとめ

フェレットが下痢をしてしまっている場合には、まずは落ち着いて状況判断するようにしましょう。場合によっては、便を病院に持込み、検査してもらう場合もありますので、汚れ内容に片付け、まずはフェレットが下痢をしてしまう原因を考えてみましょう。

もちろん、下痢以外の症状を引き起こしている場合には、すぐに動物病院にいく必要がありますが、ちょっとした事でも下痢をしてしまうフェレットですので、まずはフェレットの様子と、それまでの行動について落ち着いて考えてみましょう。

こうしても見当がつかない場合や、明らかに病気が疑われる場合には、動物病院で診察するようにし、また、原因が何か分からないにしても、一度ケージや使用していたハンモック等を丸洗いしておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク