高品質なドッグフードで知られる「ナチュラルバランス」ですが、ナチュラルバランスのダイエットフードにはどのような種類、どのような内容のものがあるのでしょうか。今回はナチュラルバランスのダイエットフードについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ナチュラルバランスとは?

アメリカ原産のドッグフード「ナチュラルバランス(Natural Balance)」は、アレルギーに配慮したラインナップが揃うプレミアムフードのひとつ。特定のタンパク源に食物アレルギーを持つ犬も多く、ナチュラルバランスのラインナップにはこうした特定のタンパク源を避け、別のタンパク源でしっかりと栄養を摂取できるラインナップが豊富に揃います。

また、ナチュラルバランスには30種類の栄養サプリメントが配合されており、愛犬の免疫力を向上させることに着目。ドッグフードにバランスよく配合された30種類のサプリメントが愛犬の免疫力を向上させ、病気や老化に対して高い予防効果が期待できます。

そんなナチュラルバランスのラインナップの中で、特に肥満傾向の犬に最適なドッグフードとなるのが「ファットドッグス ドライドッグフォーミュラ」です。

高タンパク・低カロリーなダイエットフード


ナチュラルバランスのファットドッグス ドライドッグフォーミュラは、しっかりとタンパク質を摂取しつつ低カロリーを実現したドッグフード。タンパク質の量を極端に減らしてしまうと、犬の健康バランスも崩れてしまいます。

犬は本来、肉食よりの雑食動物。栄養を摂取するさいには「肉」である動物性タンパク質を摂取することが重要であり、良質なタンパク質を摂取することは体の健康維持、筋肉量の維持・向上のためにも不可欠となります。

ダイエットには食物繊維というイメージも強いかもしれませんが、犬はしっかりとタンパク質を摂取しなければいけません。ただし、タンパク質の量も多すぎると年齢によっては腎臓への負担や消化するのに体に負担がかかってしまうため、適度なタンパク質の量がベストとなります。

ファットドッグス ドライドッグフォーミュラの内容とは

では実際にファットドッグス ドライドッグフォーミュラの原材料を見てみましょう。

第一主原料には「チキンミール」、続いて「サーモンミール」と続き、植物性タンパク質を豊富に含む「ヒヨコマメ」「乾燥エンドウマメ」も原材料に使用されています。

【ナチュラルバランス ファットドッグス ドライドッグフォーミュラ 原材料】
チキンミール、サーモンミール、ヒヨコマメ、乾燥エンドウマメ、大麦、オートミール、豆ファイバー、乾燥ビートパルプ、アルファルファミール、オートファイバー、トマト、豆プロテイン、自然風味、ブリュワーズドライイースト、人参、セロリ、ビート、パセリ、レタス、クレソン、ほうれん草、鶏脂肪(混合トコフェロールで酸化防止)、ドライエッグ、サーモンオイル、塩、塩化カリウム、塩化コリン、ビタミンE、D-カルシウムパントテン酸塩、ビタミンA、ビタミンD3、ナイアシン、ビオチン、リボフラビン、ビタミンB12、一硝酸チアミン、ピリドキシン塩酸塩、葉酸、酸化亜鉛、亜鉛蛋白、硫酸鉄、酸化マンガン、硫酸銅、亜セレン酸ナトリウム、マンガン蛋白、銅蛋白、ヨウ素酸カルシウム、炭酸コバルト、イヌリン、DL-メチオニン、Lアスコルビン2ポリフォスフェイト(ビタミンC源)、L-カルニチン、タウリン、L-リジン、クエン酸、混合トコフェロール(防腐剤として)、ドライユッカシジゲラエキス、ローズマリーエキス

ダイエットに良い効果を与える食物繊維も「トマト」や「ニンジン」「セロリ」「ビート」「パセリ」「レタス」「クレソン」「ほうれん草」など、かなり豊富に含まれています。

しっかりと繊維質を摂取できるので、腸内環境の改善にも良い効果を与えるでしょう。ダイエットはカロリーをおさえるだけでなく、腸内環境の改善も重要なポイントです。消化が悪いと栄養吸収もスムーズに行われず、結果として免疫力の低下や肥満を引き起こすことに。

単に脂質やカロリーを抑えるのではなく、適切な食物繊維を摂取することが大事ですので、ファットドッグス ドライドッグフォーミュラのようなバランスの取れた配合はダイエットにも最適な内容なのです。

2種のうちおすすめはどちら?


続いてファットドッグス ドライドッグフォーミュラの成分値を見てみましょう。

【ナチュラルバランス ファットドッグス ドライドッグフォーミュラ 成分値】
タンパク質:26.0%以上
脂質:7.5%以上
繊維質:10.5%以下
水分:10.5%以下
オメガ6脂肪酸:1.5%以上
オメガ3脂肪酸:0.25%以上
カロリー:302.5Kcal/100g

タンパク質は26%と、同じナチュラルバランスのラインナップにある低カロリーを特徴とした「ウルトラプレミアム リデュースカロリー」よりも約10%高い内容に。

脂質は7.5%と低脂肪、カロリーも302Kcal/100gと低カロリーな内容になっています。また、繊維質に関してもウルトラプレミアム リデュースカロリーよりも約5%も高い10.5%。しっかりとタンパク質を摂取しつつ、豊富な食物繊維を摂取することができますので、消化吸収の高いヘルシーな食事を与えることが出来ます。

では、ファットドッグス ドライドッグフォーミュラの比較として、ナチュラルバランスの低カロリーシリーズ「ウルトラプレミアム リデュースカロリー」の内容についても見てみましょう。

【ナチュラルバランス ウルトラプレミアム リデュースカロリー 原材料】
玄米、新鮮な鶏肉、新鮮なダック肉、ラムミール(乾燥肉)、オートミール、大麦、ポテト、ニンジン、ポテトファイバー、チキンミール(乾燥肉)、鶏脂肪(天然混合トコフェロールで酸化防止)、自然風味、キャノーラオイル、ビールイースト、サーモンミール、サーモンオイル、亜麻仁、塩化カリウム、塩化コリン、タウリン、ほうれん草、パセリフレーク、クランベリー、リジン、L-カルニチン、ユッカ、ケルプ、ビタミンE、鉄蛋白、亜鉛蛋白、銅蛋白、硫酸鉄、硫酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ化カリウム、一硝酸チアミン(ビタミンB1)、マンガン蛋白、酸化マンガン、アスコルビン酸、ビタミンA、ビオチン、D-カルシウムパントテン酸塩、硫酸マンガン、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ビタミンB12、リボフラビン(ビタミンB2)、ビタミンD3、葉酸(ビタミンB)

【ナチュラルバランス ウルトラプレミアム リデュースカロリー 成分値】
タンパク質:16.5%以上
脂質:6%以上
繊維質:5%以下
水分:10%以下
オメガ6脂肪酸:1.7%以上
オメガ3脂肪酸:0.3%以上
カロリー:306Kcal/100g

ファットドッグス ドライドッグフォーミュラとは違い、タンパク質の量は低く、カロリーは高いという内容です。成犬でより健康的な犬であれば、ファットドッグス ドライドッグフォーミュラの方がおすすめと言えるでしょう。

スポンサードリンク

プロ目線から見たナチュラルバランス

ナチュラルバランスは年齢別に分けられたラインナップではなくオールステージ対応のドッグフードで、それぞれ特徴・用途のはっきりとしているラインナップが特徴のドッグフードメーカーです。

ただし、ダイエット目的でオールステージ対応のドッグフードを取り入れるのであれば、給餌量は体重によって変化させるため、飼い主さんがこまめに愛犬の体重をチェックしておかなくてはなりません。

犬の体重は人間の10分の1程度ですので、犬にとって1gの違いも10倍と考えましょう。ドッグフードの10gの違いも100g相当になりますので、体重のチェックはもちろん、給餌量もしっかりと管理しなくてはなりません。

ファットドッグス ドライドッグフォーミュラであれば、5kgの犬であれば96gほど。
ウルトラプレミアム リデュースカロリーであれば、5kgの犬で95gが参考の給餌量となります。

ただし、しっかりと日頃から体重を測定して、体重に合わせて給餌量も細かく変えていくようにしましょう。特にダイエット中はしっかりと管理するようにしましょう。

ドッグフード以外にも「BCS」も大事なポイント


給餌量の他にも、愛犬の体重を計測することも大事ですが、愛犬の「ボディコンディションスコア(BCS)」を把握しておくことも重要です。ボディコンディションスコアとは、愛犬の「体型」を5つに分類し、適性であるか肥満・痩せすぎであるかを視覚から確認したもの。

【BCS1(痩せ気味)】
肋骨、脊椎、骨盤が外から容易に見える。触っても脂肪がわからない。腰のくびれ、腹部の吊り上がりが顕著である状態。

【BCS2(やや痩せ気味)】
肋骨が容易に触れる。上から見て腰のクビレが顕著、腹部の吊り上がりも明瞭。

【BCS3(理想的)】
過剰な脂肪の沈着なしに、肋骨が触れる。上から見て肋骨の後ろに腰のクビレが見られる。横から見て腹部の吊り上がりが見られる。

【BCS4(やや肥満気味)】
脂肪の沈着はやや多いが、肋骨は触れる。上から見て腰のクビレは見られるが、顕著ではない。腹部の吊り上がりはやや見られる状態。

【BCS5(肥満気味)】
暑い脂肪におおわれていて肋骨が容易に触れない。腰椎尾根部にも脂肪が沈着。腰のクビレはないか、殆ど見られない状態。腹部の吊り上がりはみられないか、むしろ垂れ下がっている。

日頃からボディコンディションスコアを意識しておき、愛犬がどのくらいの体型なのかを確認しておくようにしましょう。ドッグフード選びも大事ですが、愛犬の現状を知ることはもっと大事なポイントです。

ナチュラルバランスの評判

通販サイト「アマゾン」でナチュラルバランスの評判について見てみたところ、評価は星4〜5つという高評価。

与え始めた最初から食べてくれたという口コミや、これまで試したダイエットフードでは減量ができなかった犬も3ヶ月程でダイエットに成功したという口コミ、2週間ほどで被毛の状態が改善されたという口コミが見られます。

残念な口コミとしては海外の方であっても、ナチュラルバランスが近所のペットショップで手に入らないために、いつもネット注文を行っているという口コミが見られました。ダイエットを成功させるためには犬によっても期間が変わってきます。当然ながらドッグフードは毎月購入するものなので、出来る限り手に入りやすいのがベストですが、ナチュラルバランスは日本でも扱っている店舗は少なめではあります。

まとめ

ナチュラルバランスはダイエットフードとしてだけでなく、通常与えるドッグフードとしても評価の高いドッグフードです。様々なドッグフードが販売されていますが、その中でもナチュラルバランスはより評価の高いドッグフードと言えます。

ダイエットフードとしてもその内容は高いものがあり、今回ご紹介したとおり、愛犬の健康維持を考え、しっかりとタンパク質を摂取しながらもダイエットを行うことの出来るドッグフードとなっています。

ダイエットと言うとついつい栄養も落としがちなものになりますが、免疫力の維持・向上を考え、ダイエット中もしっかりと取るべき栄養は摂取しておくのが理想です。なかなかダイエットが成功しない愛犬も、もしかすると良い結果を得られるかもしれません。

スポンサーリンク